データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












どらもんワールド 登場人物

登場人物名前言語挨拶
タママ日本日本語普通
パネロアイルランド英語やんす
ケロロアメリカ日本語
英語
あります
スミノ日本日本語ござる
ベルイタリアイタリア語です
タルト中国日本語
中国語
でんす
クサヅ日本日本語どみそ
どふぁら
タルト中国日本語
中国語
でんす
タルト中国日本語
中国語
でんす

10月28日 30代は貯蓄格差を埋めるラストチャンス

グッドモーニングであります。
今日は10月28日
有料競艇予想配信開始まで 34日 となったであります。 




39歳までが 人生の総貯金額トータルを決めると言ってもいいほど
人生4回裏までに、得点をいくつ獲ったかが勝負の分かれ目となるであろう。

人生5回表 つまり 40代からは
39歳まで 頑張ってきたことの折り返し地点であり
ここを出発点としてスタートしたとしても
そう簡単に逆転が効かない試合が展開される。

人生1回表で1点を獲るということは
1回裏以降全て 1点以上獲ると言っていいほど
ゲーム展開は、どちらかに傾くと
その方向に相乗効果を伴って
得点があがっていくのが人生である。

理由は人間の脳の特性にあるからだ。
人間の脳には、慣性の法則というものがあり
勝ち癖がついている脳は
とんでもない成績を残すことができる。
その例として、イチロー選手は
子供の時から、ぶっちぎって1回裏から
野球という職業に得点を積み重ねている。

逆に負け癖がついている脳は
どうしようもない成績しか残すことができない。
借金を積み重ねる人は
借金はよくないと分かっていても
1度手を出すと、そこから抜け出せないのは
負け癖がとことん染み付いているからであり
どこかで、この負け癖を
勝ち癖へと転換しない限り
試合の流れは変わらないのが
人生というものであるからだ。

負け癖とは、自分の得点表に
マイナスポイントをつけていると思って良い。
まずはマイナスを帳消しにして
0にすることが最善である。
ここまできたら、次は自分の得点表に
めいいっぱい加点して
どんどん得点をあげていこう!
[10月28日 30代は貯蓄格差を埋めるラストチャンス]の続きを読む

10月27日 じつは、才能とは関係のないところで差がつくのだ

おはようであります。
今日は10月27日
有料競艇予想配信開始まで 35日 となったであります。 



ゴールデン・ウィークに突入したとしよう

 新入社員、新入生、フレッシュマンのみなさんは、新しい環境での生活もひと月が過ぎたことになる。

 慣れない環境や厳しい雰囲気に、「こんなはずではなかった」とショックを受けている人もいるのではないかと思う。

 また、いきなりさまざまなことを要求されて、自分の才能を疑ったり、これからのことを心配している人もいるだろう。

 「5月病」なんて言葉もある。

 「5月病」=慣れない環境の中でストレスが溜(た)まり神経症的な状態になる……なんていうのが一般的な意味だろうか。

 一方で、そんな状態とは、まったく無関係。

 ゴールデンウィークもウキウキしながら連休を楽しんでいる新人もいることだろう。それはそれで頼もしい。

 5月病には、気候の要素も関係しているという話を聞いたことがある。

 寒かったり暑かったり、この時期の寒暖の変化が、精神的に不安定になる遠因になっているというのだ。

 確かにそうした天候要素は実感する。

 52歳のオールドボーイも、久しぶりのゴルフが雨で流れたり、最高の晴天に一日中原稿を書いていたりすると、さすがにストレスが溜まる。

 そして、それよりもなによりも冬なのか夏なのかはっきりしない連日の天気に、幼虫から脱皮したものの動けないさなぎのような気分になってくる。

[10月27日 じつは、才能とは関係のないところで差がつくのだ]の続きを読む