データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












10月31日 蜜蜂とドラゴン仙人のメリーゴーランド

小説 蜜蜂とドラゴン仙人のメリーゴーランド

太古の昔 中国の山奥にドラゴン仙人という
偉大な力を持った仙人が暮らしていた。

ドラゴン仙人とは、その字の如く
ドラゴンを家畜として飼育した物語である。
ドラゴンの寿命は、平均300~500年のため
人間の5倍は生きるので、ドラゴンを飼育するには
先祖から5代目まで引き継がなくてはならない
大きな大きな仕事であった。
そしてドラゴンの食料は、主にライオンの肉である。
肉食獣の肉がドラゴンの主食である。
ドラゴンは、恐竜の生き残りと言われる究極の生物で、
最も神に祝福された偉大なる生物として崇められていた。
ドラゴンの中でも知能が高いものは、人間の言語を操ることができ
最大10カ国以上の言語を操るドラゴンもいたと言う。

ドラゴン仙人は、ドラゴンの飼育を本業としながら、
蜜蜂養蜂場を副業としてこなす
とてもとても大きな力を持った仙人だ。

究極の生物の頂点に君臨するドラゴンの肉を食べると、
人間の寿命が、5年から最大30年も伸びると言われるほど、
この世の食料の中で、最も最強クラスの珍味として
宝物として売り出されていた。
ドラゴンの肉の値段は、日本の円にすれば
1億から最大で100億円クラスまで跳ね上がる
とてつもないプレミアムなお肉なのである。

このドラゴンを飼育するには、ドラゴンの食料となる
ライオンを養育しなければならず、
ドラゴンを家畜として育てられるのは、
世界有数の大富豪のみで、世界で1000人いるかいないか
言われるほど難しいビジネスなのだ。


ある日、このドラゴン舎に
ある少年2人が訪れてきた。

そこから、物語の歯車が動き出そうとしていた。

太古の昔 中国を支配していたのは、始皇帝

10月30日 面白い その男 私自身の目で確かめる必要がありそうだ

文明の崩壊後、異形の生態系に覆われた終末世界を舞台に、
人と自然の歩むべき道を求める少女ナウシカの姿を描く

この大地が病んだとき
この海が病んだとき腐海を浄化できるのは

ハイプリーストのみ
少女ナウシカは己の身を投げ打って
病んだ世界オウムの怒りを静め
世界に平安をもたらした
ナウシカが倒れる姿を見た民衆は
心から悲しみ その悲しみが世界を癒やした

強い信仰を持ち
厳しい修行を生きてきた高貴な僧侶
ハイプリースト の志高い聖なる光が
病んだ大地そして海を浄化し
終末世界に差し込む光になる

10月29日 残酷な風の前に 君は消えても立ち上がる

どれだけの種を植えただろう?
どれだけの芽を守ってこれただろう?

地上に吹く残酷な風の前に
どれだけの芽が朽ちていったのだろう?

そのなかの芽から何かが育ってきただろうか?

これからも 今ある この芽を守っていけるだろうか?

残酷な風の前に芽がなくなったとしても

また僕は 種を植えて
何度も 何度も 芽が出てくるのを待つだろう。

生きることは 種から 花が咲く過程
そのものなのだから

人間も同じ 花が咲く過程までに
どこかの風で諦めたりして
なかなか上手く育たない

まっすぐ綺麗に育つ人間は少ない
どこかで曲がったり ひねくれたり
曲者揃いの人間が多い

まっすぐ綺麗に育つ
という意味は 努力することを忘れないこと
育つということは芽がどんどん
上へ向いて成長していくことだ

上へ向いて努力することを忘れたときから
人間は まっすぐ綺麗に育つ
という過程から逸れてしまい

どう育つかは全く予測不可能な人間になってしまう

ただし 筋書きのない あらゆるもの全てが
ギャンブルな 予測不可能で未知の人間というのも
魅力的であり一興ではある