データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












12月16日 学校では教えてくれないこと

グッドモーニングでやんす。si-a1.gif
今日は12月16日
有料競艇予想配信開始まで 357日 となったでやんす!


今日は 学校では教えてくれないこと について書きたいと思います。

本当の実力 つまり 本当の頭の良さ
を身に付けたいと考えている方には
重要なスキルになると思います。

基本的に 学校で使っていたテキストは
本当の頭の良さという部分では、あまり役に立ちません。

どらもん が独自に編み出した
総合学習カリキュラム では

学校と 全く違う観点から 学習アプローチをかけていきます。

このアプローチ法は あらゆる分野で通じると
どらもんは自信を持っています。


まず 学校に通っていて、現在 学生という方は
先生が黒板に書いたものを
そのまま ノートに写しているという
馬鹿げたことをしている方がいたら
即刻 その授業の受け方 を改めて頂きたい。
もっと効率的な授業の受け方がある。

黒板に書いたものを写す時間があるのなら
もっと他の勉強に時間を当てることができる。
先生が黒板に書いたものは
デジカメ で撮影するなり
動画 を撮影するなりして
デジタルデータにして まとめれば良い。 


どらもんが考える授業は
一方的に学生に たくさんの情報を与えすぎる という授業は
よくないと考えている。
どらもんが教師だったら
授業の教え方は 全く異なるものになるだろう。

ここのテキストの内容 覚えてください
はい ここのテキストの解答 答えてください

こんな授業では、頭の良い人間にはなりません。
ただ 知識が頭の中に増えただけです。
それより得た知識を 活用して
いかに実戦で生かせるかの方が、頭の良さでは重要です。 
4つの知識が手に入れば、知識の組み合わせしだいで
6通りの知識活用法で展開することが可能です。
知識とは、パズルのように展開していくことで
新しい知識活用法が生まれ
とんでもない数学的な方程式に化けていきます。
私たちが、本当におぼえる必要がある頭の使い方は
この知識活用 方程式です。
方程式をたくさん覚えれば、さらに方程式と方程式を組み合わせて、
複合方程式となり 頭の使い方がグングン成長していきます。

A+B=AB A+B+C=E AB+C=E A+C=D
上の方程式 一見 いい加減そうに見えて 一定の法則があります。

頭の使い方 方程式とは
A + B があれば ここに自分が考えた 知識を代入すれば良いのです。
知識A + 知識B = とすれば新しい知識へと
どんどん展開され、こういった方程式をたくさん覚えておくことで
知識活用法は 無限大の領域に達し
複合方程式 を思いつく可能性を高めてくれます。

例えば Aに 救急車 を代入します。
Bに 電話 を代入します。
Cに 119秒 を代入します。

A+B+C=
電話の受話器をとって 119秒経過すると
救急に電話がかかる自動システムを開発
という考え方もできます。
1人暮らしの方で、緊急を要する場合
とりあえず受話器を119秒取れば
相手方から、再度連絡があるというシステムです。


例えば Aに ゴミ箱 を代入します。
Bに 天井 を代入します。
Cに 3回拍手 を代入します。
A+B+C=

例えば Aに 福沢諭吉 を代入します。
Bに デイコイン を代入します。
Cに ATM を代入します。
A+B+C=

知識というものは、
いわばハードディスクの中に置く
コンテンツのようなものです。
たくさん知識があればあるほど
ハードディスク内で、情報の干渉が起こりすぎて
情報の処理能力が落ちる可能性があります。

ハードディスク内は、できるだけ軽い方が
情報の処理能力は高くなる傾向があります。

子供のハードディスク内を見ると
ほとんど これといったコンテンツがない状態です。
そのため情報の処理能力だけは、
大人顔負けに頭の回転だとか使い方は優れています。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/1001-69055247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック