データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












6月14日 壊れたもの

おはようございます。グッドモーニングでやんす。
今日は6月14日
有料競艇予想配信開始まで 177日 となりました。

壊れたもの 大切にしよう
壊れても だいじょうぶ だいじょうぶ
作り直せる


また 取り戻そう
失った 感情 心
全て取り戻せる時がくる

自分を信じることから
壊れたもの は取り戻せる

自分が教えてくれる
何が 壊れたのかを

しっかりと願いを込めて
力を強く込めたとき
それは明日に繋がっていく


今ある形が いつまでもあると思うな
形あるものは 必ず壊れる
壊れても
それを大切にする心が
作り直すことができる

そして生きるということは
あまり形にこだわらない
形だけにこだわると
新しい自分を発見する機会を失うことになる

形を作ったり壊れたり
たくさんの繰り返しの中で
何かが磨かれていく

老いるということは
何なのだろうか?
自分だけの形を
作っていき
そして壊れていくことが
老いるということなのか?


どらもんが考える
心や感情が壊れるメカニズム
人が生きていく上で
慣れという慣性が働いているためだと考える。
人間は惰性の中に身をおくと
心や感情が一定のルールの中で走行するようにできている。
心や感情とは自由のルールの中で走行したとき
一番 最も 活動するようにできている。

本来、人間とは新しいものが大好きな生き物だ。
子供のときは見るもの聴くもの食べるもの
全てが新しいことだらけ
この時 
心や感情は 自由のルールの中で走行していると推定する。

脳は何かと楽することばかり考えている。
いかに 一定のルールの中で走行して
できるだけ単一的な走行に収束させようとする。

人間が年を重ねると共に
単一的な走行に収束しようとする力が強く働いていると推測する。
この収束する力に勝つには
若いうちから できるだけ
幅広く走行するように努力する必要がある。

単一的な走行になればなるほど
人間は どうやら1日という時間を短く感じるようになるらしい
幅広く走行すればするほど
人間は どうやら1日という時間を長く感じるようになるらしい

単一的な走行に収束する力に逆らうには
1日という時間を長く感じるように努力することが
最も効果的な努力と結論付けることができる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/1232-5ce341c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック