データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












7月19日 占い鑑定士

おはようございます。グッドモーニングでやんす。
今日は7月19日
有料競艇予想配信開始まで 142日 となりました。

最近 どらもん がハマッテいるものが
占い鑑定士です。

どらもん は たまに直感力というか第6感が働く時があります。
自分の潜在意識にリンク?しているのか
こちらの方へいくと 危ない気がするという直感です。

実際に なぜか
その危ない方に行くと
心臓がバクバクして
自分の中で 自分に対して
そっちへ行くなという心の声があるのです。
危険予知能力というものか
それらを先に予見することで
この先の未来に 何が待っているかという能力です。

実際 踏みとどまると
自分の中の自分が
少しずつ 落ち着きはじめます。

人 それぞれ
生きている世界が まず違うという認識を持たないといけないでしょう。
その人間が生きている世界は
過去から派生した
ゆらぎの中で生きているという認識です。
あまりにも 
過去から派生した ゆらぎ に対して
波動が大きすぎる場合
自分が持っている ゆらぎ に対して
大きく影響を与えすぎてしまい
自分の調子を崩すことになります。
しかし、たくさんの波動を受けることで
自分が持っている ゆらぎ は
徐々に安定した形を作り始め
生きる上での諸問題に対して
的確な対応を行うことができるようになります。

この弟6感とは
自分が持っている ゆらぎ を超えたとき
最も 働く可能性を秘めていると考えています。

どらもんが考えている
この 生きるという生の世界は
ある一定の法則 つまり 法律の世界 で成り立っていると考えています。
あらゆる生物や植物そして地球や星 宇宙など
生の世界は 法律の世界によって 支配されています。
何かの創造主の力があるのか
とにかく 世界には法律があります。
そして 生の世界には
なぜか不変がないということが真理としてあるようです。
今ある地球にだって寿命はあるはずですし
そして何より地球を形成している
地形プレートもどんどん動いており
世界は どんどん変化しております。
生の世界には とにかく不変がないのです。
全て 変化するものしか存在できない世界なのです。

生の世界で生きられるものは
この法律を遵守しているもののみ存在できる世界です。
例えば 人間 は生まれたときから
自動的に 心臓 が死ぬまで動くという法律にのっとって
こんにちまで生きております。
途中でこの 心臓 を動かすという
法律を破ろうものなら
その人は いきなり 死の世界へ誘われてしまいます。
ですから 今生きているということは
心臓 が死ぬまで動くという最低限の法律を
人間として遵守してきたおかげで
今 生きているといことが証明されるわけです。

この生きている世界で
唯一 強い存在として生きるためには
強い論理 つまり 強い法律を
自分の中で確立させなくてはいけません。
できるだけ広い見識と強い論理を身につけることが
この世界で 長生きするためには 必要不可欠なことです。

人間は年をとるごとに
自分の中に持っている 広い見識と強い論理 を
徐々に崩していってしまうため
これが 長生きすることを 阻害する要因になってしまいます。

女性の方が長生きできる要因として
右脳と左脳を結ぶ脳梁が太いことも関連性があるかもしれません。
この脳梁が太いと
色々と 頭の情報交換速度を 上げることが可能になります。
配線が太いということは
それだけ 情報の転送速度が上昇し
脳の中にある情報を 読み込む上で
有利なのが 女性かもしれません。
そして男性はというと この脳梁が細いため
情報の転送速度が遅くなる分
1つのことに集中する能力が格段に高くなります。
情報の転送量がシンプルになるため
あまり混乱することがなくなりますが
女性のような情報の転送速度を実現することはできないかもしれません。

例えば 複数同時に何かを処理する能力では
女性の方が 格段に高いことが わかっております。
ラジオを聴きながら料理をしたりと
情報の転送速度を請け負う配線 つまり 脳梁が太いということは
あらゆる点で 有利なことが多いのです。
男性の場合 この脳梁が細いため
デュアルな処理能力が 悪い傾向が高いです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/1235-a35d42d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック