データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












12月18日 男が短命な理由を解読

おはようございます。今日は12月18日です。



有料競艇予想配信開始まで 287日 となりました。
競艇予想ソフト発売開始まで 1748日 となりました。 
どらもんの預金口座が 2230万円 となりました。
 

今日は なぜ 男の方が短命なのか
を どらもん的考察 で解読してみました。

基本的に 
男は トンチンカンな馬鹿 だと考えて良い。

頭の働きが 偏りやすい 傾向が高く
汎用性に欠ける傾向が高い。
その分、偏った方向に深い世界を構築する働きを
男の脳に恩恵として与えてくれた。

1人1人 偏った世界に生きて
そこで己を高めようと 分布している。

もし 女性だけしか世界に存在しなかったら
世界の多様性が損なわれる可能性が高い。

1人1人 偏った世界で
男が己を高めようと努力しているおかげで
世界の多様性が提示されている。

そもそも男の脳について
狩猟時代からさかのぼると
獲物を捕らえようという 意識構造の中で
脳を進化させていったため

この脳を進化させてきた歴史が
現代の男の脳にも
遺伝子的に根強く刻まれている。

もし 脳を合体して
1つの意識集合体の形を持った
1つの脳にできるのなら

脳科学はすごい世界を提示してくれるだろう。

例えば
将棋界のトップの 羽生善治
囲碁界のトップの 本因坊秀策

2人の脳を合体させれば

新しい化学反応を起こし

現在の 羽生善治  の将棋の棋譜に
新しい風を生み出すかもしれない。


話を戻して
本当にあった 日本のバカ男の話を提示しよう。
本屋で会った
白髪風のバカおっさん についてまず話します。

本当にあった 日本のバカお姉さんの話を提示しよう。
街で会った
お姉さんに話しかけられました。
 
本当にあった 日本のバカおばさんの話を提示しよう。
ラーメン屋の席に座っていた
おばさん

本当にあった 日本のバカおばさんとお姉さんの中間な人の話を提示しよう。
この人は洋食店の隣のテーブル席に座っていました。
目が合わない様に
ちょっとずつ目配りしました。
この人が何を話したと思います?
おかしな発言してま~す。

店に座っていたイケメン風なお兄さん
が私のそばのテーブル席に座りました。
たまに 目があうと
あちら側の イケメン風なお兄さん
が笑い始めました。

どらもんの心のつぶやき
おうおう!いい服着こなして
存分に綺麗にまとまってるじゃんよ。
この男がどういう食べ方するのか
どらもん様が とくと拝見してやるから
しっかりと目の前の
食事に集中せい!


なんか知らないですが
イケメン風な男に 好かれるんですね 私
街中で屋根に登っているイケメン風な男が
どらもんの顔を見て
ニコッと微笑んできます。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/1344-cc3c9d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック