データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












11月14日 低コスト 生産術

おはようございます。今日は11月14日です。
 
毎日のニュースは、こちらでチェックじゃぞ!!
ニュース道場
有料競艇予想配信開始まで 251日 となりました。
競艇予想ソフト発売開始まで 1712日 となりました。 
どらもんの預金口座が 2517万円 となりました。
 

ゲーム制作会社
まずは低予算でどんどん豊富なソフトを作れる体制作りに尽力するにあたり

アルバイト生を大量に 毎月 雇う
1ヶ月で プログラマー

タフな会社になるためには
みんなに いっぱい働いてもらう という事は 考えない。

へばらない程度に 人員をたくさん確保する必要があるだろう。
会社の中で働く人達こそ
ゲームを作る勇者であり戦士である。
会社の労働そのものがゲーム感覚にすることで
労働者からも愛される会社作りを行う。
労働者は頑張って
それなりの評価を得られる段階ごとに
アルバイト→準正社員→正社員
という形で
レベルアップできるようになっている。
アルバイト LV1
アルバイト LV2
アルバイト LV3
準正社員 LV1
準正社員 LV2
準正社員 LV3
正社員 LV1
正社員 LV2
正社員 LV3

レベルアップを申し込みたいものは
レベルアップ申請用紙に必要事項を記入の上
申請を行う。
試練の山 という難易度が高いステージで
テスト労働をしてもらい
合否の判定を行う。
見事レベルアップに成功すると
時給が上がるという仕組みになっている。

購入者があっての会社なので
ファンとの距離を短くするため
ゲームファンには常に
意見や感想つまりレビューしてくれるファンを大切にする。

また会社そのものが
人海戦術で営業にあたる。
1つ1つのゲーム販売に愛情を込める。

ゲーム販売で最も致命的なのが
バグ である。
ゲームソフトの中にバグがあるまま
発売されれば
一気に会社としての評価・信頼は揺らぎかねない。
どらもんが考えるゲームのバグ取りの名人が
なんといっても純粋な愛を持っている
子供達である。
子供達こそ ゲームを遊んで
バグを見つけてくれるプロフェッショナルである。
大人は、だんだん疲弊してきて
どうも純粋な愛を持っている人種が少ないと
どらもんは考えているので
子供達こそ 最強のデバッガーになるであろう。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/1381-6d9f4703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック