データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












7月27日 絶望の雲を突き抜けて大空へ

おはようございます。今日は7月27日です。
 
毎日のニュースは、こちらでチェックじゃぞ!!
ニュース道場
有料競艇予想配信開始まで 248日 となりました。
競艇予想ソフト発売開始まで 1709日 となりました。 
どらもんの預金口座が 2559万円 となりました。
 

どらもんゲーム制作会社
資本金 1億円 株価

従業員の時給 報酬要綱
アルバイト LV1  時給1000円
アルバイト LV2  時給1050円
アルバイト LV3  時給1150円
準正社員 LV1  時給1300円 厚生年金加入
準正社員 LV2  時給1500円 厚生年金加入
準正社員 LV3  時給1750円 厚生年金加入
正社員 LV1  時給2050円 夏1回 ボーナス支給
正社員 LV2  時給2400円 夏冬2回 ボーナス支給
正社員 LV3  時給2800円 夏冬2回 ボーナス支給

労働テストは 3時間のテストから
従業員の作業効率度を測定する。
てきぱきと迅速に作業ができる従業員は
どんどんテストを受けてもらい
レベルアップできる仕組みになっている。

こちら側の


ビジネスにおいて数字、特にお金の感性に鋭くあることは不可欠――。では実際に「稼ぐ」ビジネスパーソンのマネースキルはいかようなものか? 転職サイト「ビズリーチ」で切れ者ビジネスマンにアンケート。

データ出典/毎日コミュニケーションズCOBS ONLINE「ビジネスにおけるお金(数字)意識に関するアンケート」(2011年5月 男性300人) と年収1,000万円以上に特化した転職サイト「ビズリーチ」の会員ビジネスパーソン(2011年5月 平均年収1,159万円・男女計1,393名)に調査。

それに加えて一般的な20代のビジネスマンにも同様の設問で調査を実施した。コストや自社の売上に関する意識、ビジネスにおいて費用対効果を意識して行動しているか、さらには自社、あるいは所属部署の売り上げを把握しているか、などの設問から一般ビジネスパーソンとの差異を明らかにした。

「年収1,000万円を超えるプレイヤーたちに共通しているのは、成長するビジネスパーソンに不可欠な経営者マインドを持っていること。つまり、すべての行動に対して、“なんとなく”という部分がなく、常に合理的な説明や理由を持っていることでしょう」。

そう分析するのは、マネックス・ユニバーシティの内藤 忍氏。つまりは業務効率や費用対効果などを常に意識して行動しているか否かということだ。

「日々のミーティングひとつにしても、ぼんやりと“早く終わらないかなぁ”と思いながら参加している人もいれば、ミーティングに参加しているという行為自体を時給換算してみたり、業務においての費用対効果を具体的な数字で考えられる人もいます。目先のことだけを見るのではなく、時に俯瞰できる視野を持っている。そうしたビジネスにおける根本的な思考の差が、このアンケート結果からはっきりと感じられます」

ビジネスにおいて明確な判断基準を持ちえているかの明らかな違いを見て取れる。業種に関わらず、キャリアを重ねてマネジメント層に近づくにつれ、経営の全体像を意識しなければならなくなるのは必定だと内藤氏は語る。

「20代のうちから経営者視点やコスト意識を持ちながら仕事をすることは、より有用な人材になるための近道と言えるでしょう。強い会社とは、社員一人ひとりがそういった意識を携えている会社です。

たとえば、一つひとつの仕事に対して収益性やコストパフォーマンスを常に考え、効率化のための改善に取り組める人材。それは会社全体、あるいは自分が所属する部署のPL(損益計算書)やバランスシートを踏まえて動けることでもありますから」

ぜひ、今回の調査結果から読み取ってほしい。“伸びた人材”がお金に対して感性を鋭くもち、ロジカルな感覚でビジネスと向き合っているという現実を。

■Q1.ビジネスにおいて常にお金(数字)を意識して仕事をしている。

◎年収1,000万円以上のビジネスマン
意識したことがない 1%
たまにそうしている 2%
業務によってそうしている22%
常にそうしている 75%

◎20代一般ビジネスマン
意識したことがない 16%
たまにそうしている 37%
業務によってそうしている26%
常にそうしている 21%

■Q2.自らの仕事を時給換算した経験がある。

◎年収1,000万円以上のビジネスマン
経験がある 83%
経験なし 17%

◎20代一般ビジネスマン
経験がある 62%
経験なし 38%

■Q3.自らが所属する部署の売り上げを理解している。

◎年収1,000万円以上のビジネスマン
まったく把握できていない 6%
多少は把握している  28%
完璧に把握できている  66%

◎20代一般ビジネスマン
まったく把握できていない 33%
多少は把握している  56%
完璧に把握できている  11%

■Q4.所属する会社の売上高を知っている。

◎年収1,000万円以上のビジネスマン
まったく把握できていない 3%
多少は把握している  31%
完璧に把握できている  66%

◎20代一般ビジネスマン
まったく把握できていない 23%
多少は把握している  64%
完璧に把握できている  13%

■Q5.自身が取り扱う商材の損益分岐点を把握している。

◎年収1,000万円以上のビジネスマン
まったく把握できていない 10%
多少は把握している  33%
完璧に把握できている  57%

◎20代一般ビジネスマン
まったく把握できていない 50%
多少は把握している  43%
完璧に把握できている  7%

前半の5問では、日常的な数字への意識調査がメインとなっている。その結果、どの設問からも、年収1,000万円プレイヤーはコスト意識に非常に敏感であることが窺える。

「自身の仕事を時給換算することは、20代であってもぜひやってほしいことのひとつ。また、自社の売り上げを把握しておくのは管理職なら当然で、そのためのシミュレーションを今から積んでおくことが重要です」。たとえば経営会議などの場で、自社の売り上げの推移をただ漠然と聞き流すようではいけない。


「もし、自分がいまマネージャーの立場なら、どのような対策を取るか。頭の中では常に、アイデアを捻り出す思考訓練をやっておくべき」。その積み重ねが、日々の業務に役立つのはもちろん、将来のハイパフォーマンスにも繋がるのだ。
■Q6.財務諸表の読み方を理解している。

◎年収1,000万円以上のビジネスマン
まったく理解できていない  5%
多少は理解している   39%
完璧に理解できている   56%

◎20代一般ビジネスマン
まったく理解できていない  41%
多少は理解している   51%
完璧に理解できている   9%

■Q7.出席者の多い会議で全員の時給を合計したことがある。

◎年収1,000万円以上のビジネスマン
したことがある  77%
したことはない  23%

◎20代一般ビジネスマン
したことがある  11%
したことはない  89%

■Q8.業務作業を開始するときには最短でできるやり方を考えてから着手する。

◎年収1,000万円以上のビジネスマン
考えたことはない  1%
たまにそうしている  3%
業務によってそうしている 26%
常にそうしている  70%

◎20代一般ビジネスマン
考えたことはない  12%
たまにそうしている  30%
業務によってそうしている 43%
常にそうしている  15%

■Q9.前任の担当者から引き継いだ案件。協力会社や使用するリソースをそのまま引き継いでいる。

◎年収1,000万円以上のビジネスマン
特に検討もせずそのまま引き継いでいる 3%
1度コストなどを吟味して検討してから 97%

◎20代一般ビジネスマン
特に検討もせずそのまま引き継いでいる 63%
1度コストなどを吟味して検討してから 37%

■Q10.モノを購入する際は使用期間やランニングコストなど、そのモノのコストパフォーマンスを吟味した上で購入する

◎年収1,000万円以上のビジネスマン
考えたことはない   2%
たまにそうしている   7%
モノによってはそうしている 60%
必ずそうしている   31%

◎20代一般ビジネスマン
考えたことはない   14%
たまにそうしている   31%
モノによってはそうしている 40%
必ずそうしている   15%

■Q11.日本で一番売上高のある会社を知っている

◎年収1,000万円以上のビジネスマン
知っている 75%
知らない 25%

◎20代一般ビジネスマン
知っている 24%
知らない 76%

「Q7に象徴されるような、無駄なコストを発生させている会議はまだまだ多いのが現実。20代の人材にどうにかできる問題ではなくても、少なくともそれが何のための会議であるのかくらいは、明確に意識して臨むようにしてほしいですね」。

これは管理職レベルに限らない。目的意識は必要な対策と改善を生むからだ。

また、「会社はやはりお金で動いているものですから、財務諸表は読めないよりも読めた方が断然いい。その点、時間もまたお金であるということは、意識しておくべきでしょう」。

つまり、Q8で浮き彫りになっているランニングコストへの意識は重要だ。たとえば闇雲な残業が会社の経費を圧迫することを知り、時間効率を重視しながら結果を残す鍛錬を、20代のうちに積んでおくべき。年収1,000万プレイヤーもまた、そうしたプロセスを踏んできたことが、集計結果からも読み取れるはずだ。
(文/友清哲)

●コメンテーター

内藤 忍(ないとう・しのぶ)マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長。東京大学経済学部卒業。信託銀行、運用会社でのファンドマネジャー業務を経て、99年マネックス証券入社。2005年11月より現職。累計10万部を突破した『資産設計塾』シリーズや、『60歳までに1億円つくる術』(幻冬舎)など著書多数。セミナー講師としても人気で、早稲田大学エクステンションセンターや丸の内朝大学などで講座を持っている。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/1390-f7e883a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック