データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












11月24日 壮大なる世界観

おはようございます。今日は11月24日です。


毎日のニュースは、こちらでチェックじゃぞ!!
ニュース道場
有料競艇予想配信開始まで 228日 となりました。
どらもんのゲームソフト発売開始まで 593日 となりました。
競艇予想ソフト発売開始まで
 1689日 となりました。
 
どらもんのゲーム企業設立まで 2054日 となりました。 
どらもんの預金口座が 2811万円 となりました。
  
  
どらもん傑作選 大河ファンタジー
時代劇とファンタジーを融合した超編大作

物語をゲーム化して、商品を売れるようにするためには
最高技術の映像とサウンドで
ゲームの世界観に重厚感を持たせる。
そして何より、ギャラリーにゲームを印象付けるのが
記憶に残る サウンド を提供することにある。
こういった クオリティの高さ が
商品を 爆発的ヒット そして 傑作を生み出すための
必要条件となるであろう。
そして、できるだけ作品の世界観を壊さないように
上手く 1つの作品を 心を込めて作らなくてはならない。
最高クラスの芸術レベルに匹敵する 
ロールプレイングゲーム が 完成したとき
既存の ロールプレイングゲーム を凌ぐ
芸術作品が完成する。
ゲーム市場で勝つには、既存のファイナルファンタジーを超える
大衆受けを狙った ロールプレイングゲーム という
大作を生み出さなくてはならない。
もしも勝った場合
新規参入者が 既存の世界を打ち破ったことになる。


どらもんが ひとつの物語を作る工程は
インスピレーションで浮かんだイメージングを
何重にも重ねて 1つの物語の束に束ねていく
という感覚である。
イメージ と イメージ をパズルのように組み立てていくことで
どんどんイメージが膨らんでいき
大きい物語へと 1つ1つのパズルピースで
ああでもない こうでもない と試行錯誤しているうちに
だんだんと 物語の絵ができてくる。
そして、最後に
できあがった絵を見て
ギャラリーが この絵は 
凄い! と感じてもらえれば
ひとつの作品としての世界観が完成すると言っても良い。


ひとつのストーリーがはじまる

主人公は 農村に生まれた

一族の末裔

この一族には 隠された能力が脈々と血に流れ
現代まで受け継がれてきた。

この一族は、圧政に苦しみながらも
毎日 ひたむきに農村で
畑を耕し、稲を育て収穫し

村を統括する政府に収穫物を年貢として上納していた。

子供の時に言われた 父の伝言 
一族の掟 この農村に住む 一族の男子は20歳になると
オカルク坂の丘 を登る 習わしがあった。
とっても危険に満ちた 一族の掟である。


オカルク坂の丘 を登った者だけに
この一族に眠る 血に隠された能力を覚醒する
登竜門であった。

もしも20歳の男子で登れない者は
古代では、一族の恥として
農村の群れから出し、
獅子は我が子を千尋の谷に突き落とす がの如く
厳しい風習があった。
群れからはじき出された男子は、2度と
この一族に戻ることができなかった。
外にあぶれた男子は、この村から出て放浪し
ひとりで生きていかなくてはならなかった。
一族の血に隠された能力を絶やさず
未来の一族まで、この能力を継がせていくためである。

この国を治める政府とは
魔道の血に染めた 大魔王オドローム が支配していた。
政府は、いくつもの国を 恐怖と力 で
1つの国として支配し、民を圧政で苦しめていた。


今 小さな希望の光が
大魔王オドローム を打ち倒すべく
壮大な 光の探求へ 冒険の旅がはじまる。
深遠なる闇を くぐりぬけ
主人公は ひとつの大きな光 を見つけることができるのだろうか?
辿り着くまでに 壮絶なドラマ が待ち受けていることなども知らずに
時は 残酷までに 
未来へと流れていった。


しかし、支配される民は1度もこの国を支配する大魔王オドロームの姿など
見たことがない と噂が流れていた。
真意を確かめるべく 政府に謁見を申し渡したとしても
誰も この目で 見たこともないのである。
姿なき支配者に、恐怖する 民は
毎日のこの苦しい生活が続くことに
苛立ちと疑問を感じていた。


いつの世も 人を駆り立てるのは
疑問と好奇心である。
もっと知りたい という欲求があるからこそ
人は科学を探求し発展させ
現代の文明を築いてきた。

飽くなき探究心を持つことが
人類 という生物の原点なのかもしれない。

いったい何のために生きているのか?さえも忘れて
自殺する現代社会は、あらゆる意味で
生物としての根源的な大切な何かを置き去りにし
忙しい時間に身を任せ、
文明社会という大きい流れのゆりかごの中で
生きているのが
奇妙な生物 人類である。
はたして 人類 の未来の答えは
どういう未来を提示してくれるだろうか?

現在の 人類 という生物の役割を客観的にみると
生物から、より文明化されたコンテンツを
過去から未来の 人類へ伝達し
未来の人類が 今まで築き上げてきたコンテンツを守り
未来へ伝達していく この1点の任務のために
日々、仕事に励み 生きている といっても過言ではない。
この任務をより高いレベルで頑張ってもらう為に

資本主義といったマネー制度のマトリックス社会の中で

人は踊り続け頑張っている姿が垣間見える。
このマトリックス社会を肥大化させることに頑張る為に
日々、受験勉強に励んだり、仕事に励んだり
しているのである。

いったい 人類が向かおうとしている
ゴール地点は何なのか?
マネーというマトリックス社会を肥大化させ
こういったコンテンツを主として生きるのが
人類 として本当にあるべき姿なのだろうか?



話を戻して
主人公は20歳を迎えたとき
オカルク坂へ 登ることへとなる。
はたして どんな物語が 待ち受けているのだろうか?
ハラハラドキドキ
全く先が見えないストーリーを描くことで
深遠なる世界観へと
ギャラリーを誘う。
旅の途中で 出会う 時の番人 とは何か?

そして 大魔王オドロームの真実が明らかに

主人公の一族の血に残された 秘密の力とは何か?

旅の途中で出会う 仲間 とは
どんな人物だろうか?
想像を超えた仲間達との織り成す物語は
ギャラリーに大きな勇気を与えてくれるだろう。
仲間 の意味とは?
そして、仲間に描かれるイメージのひとりとして
左手のひじに盾を装備し 左手に弓を持ち
右手に 弓矢を持つ 美女戦士ペガサスナイト
主人公の前に、何度も現れ
旅の障害となる。
右手から繰り出される 
空からの 弓矢は 強力なパワーを発揮し
地上の 戦士 を壊滅させる力を持つ。
仲間に描かれる ふたり目のイメージが
時計をもった不思議な男
荒地の魔女と契約を交わした男は
齢300歳を迎えた不思議な老人である。 
この男を仲間にせずして
大魔王を打ち倒すことは不可能である。
魔道の血に染めた敵には、魔道を極めた男を
仲間にするしか勝ち目がないことを
主人公は悟ることになる。
なぜなら 光の力は 魔道の力の対極点であり
この魔道の力を支配するには
魔道の力を持って、征服した先で得られる
光の力でしか この闇に立ち向かえないことを
主人公は知ることになるからである。
大魔王オドロームから繰り出される魔法は
どれも 主人公の 光の弱点 を把握して
その弱点という1つの点から
闇を侵食させ、光の力を奪う。
主人公は、真実の光を極め
侵食した闇を打ち倒すことができるのだろうか?
 
この荒地の魔女と契約した男と主人公が協力したとき
大きい力へと発展を遂げ、連携することで
必ず 最強の矛へと 進化することだろう。

強力な 仲間達と共に
大魔王オドロームへ立ち向かえ!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/1408-2531c765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック