データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












9月8日 どらもんゲーム制作面接術

おはようでんす。ぼくの名前は タルト
グッドモーニングでやんす。おいらの名前は パネロ
おはようございます。わたしの名前は タママ
今日は9月8日です。
毎日のニュースは、こちらでチェックじゃぞ!!
ニュース道場
有料競艇予想配信開始まで 205日 となりました。
競艇予想ソフト発売開始まで 1666日 となりました。
どらもんの預金口座が 3113万円 となりました。


どらもんゲーム制作面接術 
どらもんのゲーム制作会社をより具体的に

アルバイト人員を雇うとき
どういう基準で面接して 採用するか判断するとき

おおまかにわかりやすくする必要がある。

まず その人から感じられるパワー
これは第一印象といっても良い。

やはり、その人間から覇気が感じられるかどうかは
採用判断基準において決定的な差となって出てくる。

覇気が感じる人間からは、
その人が将来、企業において重要な人材に育つ可能性があると
期待を持つことができるからである。

そして次に、どれだけ迅速かつ柔軟に対応できる人間か?を
調べるためには、実際に
どらもん と応対してもらい
たくさんの質問をぶつけていくので、その場で
すぐ的確な受け答えを選択し回答できる頭の柔軟性が備わっているか
が非常に重要である。
この柔軟性を調べるためには、その回答する人間にとって
最も頭を使わせて悩ませる質問を行う。
ありきたりの質問では、その人間が持つ本質の柔軟性がわからないからである。
より奥深くまで柔軟性を調べる為に、
非常に変わった質問の仕方をしていくので、
回答者は苦戦するだろうと予想される。
ゲームという産業において、何より大切なのが
今まで貯めてきた知識とか全く関係ないところで
どれだけ頭を柔軟に使っていけるかが
企業の将来性を決めるといってもよい。
頭の固い人間は、全く必要ないのである。
ただどこかでインプットした知識を頭の中で貯めて置き、
アウトプットする人間にはゲーム産業において
魅力をあまり感じない存在である。
どらもんが着眼しているのが
その人間が持つ柔軟性や発想力そして創造力や着眼点である。
ゲーム産業というクリエイティブな世界で
より大きな発展を促すためには
クリエイティブな人間が相互にぶつかる中で
色々なアイデアを重ねて1つの作品に
高いレベルへ仕上げていくことが大切なのである。

パワーのない人間をアルバイト採用したとしても
1年や2年ぐらいで簡単に
その人間の軌道を変えられるほど
新規事業の会社に財的余裕も人的余裕もない。
アルバイト賃金だけを泥水のように捨てていては
その会社の未来は開かれることはないだろう。

会社の未来を開く という点において
最も大切なことは何か?を考えたとき
投資した金額より 還元される金額 が多いものに
力やお金を投資することが望ましい。
投資というリスクに対して、どれだけの還元というリターンがあるかを

より具体的にデータ化していき
どういう人間が最も企業にとって有益になるか
という統計的見地のもと面接を行う。

また制作するゲームソフトに対して
どれだけの 人的な量 と 財的な量 そして 宣伝分野 に投資すると
どれだけの 売り上げ つまり リターン に繋がっているかを
集計的なデータにしていき
1年目から3年目までは、この集計データを作り上げるため

試験的な意味を込めて、よりたくさんのゲームソフトを制作していく。

何かを作って 売るという
1つの行為そのものが 
リスクであるという認識を企業の中で共有し
そのリスクをどれだけ背負い
販売本数=売り上げ というゴールへ導いていくか
考えていかなくてはならない。

企業の未来の成否を決めるのが
どれだけメディアと接点を持ち
テレビで、どらもんの企業を放送してもらえるかに
かかっているといっても良い。
制作したゲームソフト そして 説明書 
攻略本 と 攻略DVD と
総合的に販売していけるかで

新規参入超弱小企業が強い企業へ成長していくか
という ドラマ性のあるストーリーを
DVDで発売し
よりたくさんの人に身近に感じてもらえることが
商品そのものの魅力を伝えていくうえで
すごく大切なことである。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/1440-11493ee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック