データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












2月5日 天龍 の 風 鳳凰

おはようございます。勇気と笑顔で!!ファイトファイト!!

今日は2012年2月5日です。

毎日のニュースは、こちらでチェックじゃぞ!!
ニュース道場


血塗られた大地に 呪われた力宿る
闇夜に光る 不気味な月明かり
それは太陽の命を宿した 陰の力
この世界は 陽と陰 2つの力で成りたつ
そして 世界を動かす力は
この陰の力の法則によるもの
陽とは 目に見える世界
そして 陰とは 目に見えない世界
陰を支配するものが
陽 つまり 目に見える世界
現実を支配することになる

陰の力を強めるには
言葉 の力がとても大切
言葉は思いのほか陰の魔力を秘めている
そして 音楽 の力も陰の力を強めてくれる

陽 つまり 現実で 強い力を発揮したいのなら
陽 の天秤となる 陰 の力が
平行して強い力を持っていないと
自分の身を滅ぼすことになりかねない

仕事をしたり何かのものごとをすることは
陽 の力を非常に使う
陽 の力を使いすぎると
自分 の内面も陽で活性化されてしまうので
中和しないと
老化を早めることになる
人が早死にするケースとは
この陽の力を必要以上に使ってしまうからである
自分が持っている能力以上に
陽の力を使うことは自分の身を滅ぼすことになる
スティーブジョブス氏が早死にした理由も
この陽の力を必要以上に使っていることが考えられる
あまり陽の力を使いすぎると
自分の体さえも蝕んでしまうのである

陽の力を求めすぎないこと
心身をしっかりと長寿に保つためには
陽から積極的に離れ
過去の陽を養うことがとても大切である
これを毎日行えば
グングン生命力は伸びていき
超人的な生命力を得ることに成功する

陽を中和するには
陰 の力を強めること
そうすることで 双方のパワーバランスが成り立ち
自分の内面も中和され
老化することなく健康体で長生きが約束されるだろう 
 
陰の力を強めるには 感受性がすごく大切
何か毎日 心の底から感動するものは
ないだろうか 自分で模索すること
そうすれば 思いがけない
感受性が自分に舞い降りてきて
心の底から涙を流し 今ここに生きているという
感動を感じることだろう。
その先には まだ見ぬ
光の庭園が自分を暖かく見守って包んでくれるだろう
上の世界へ行けば行くほど
温かい光はどんどん強くなっていき
神の世界へ通じているのである。
 
感受性の一例として
暗闇の階段を登るとき 怖いなあ
夜のトイレ ひとりで行くの 怖いなあ
みたいに 子供のような純粋な感受性である。
こういう小さい感受性を大切にすることで、
陰の力を強めることになり、
老化することなく健康体で長生きが約束されるだろう

2012年 2月 5日 のどらもんの運勢

運勢傾向(通変星) 64点/100点

今日のあなたの運勢傾向を表す星は、「比肩」という、自我の強さを意味する星です。この星の力の影響で、両親や親友と大ゲンカしてしまいそう。あなたのことを考えての忠告も、今日は素直に聞き入れられません。あまり意地を張りすぎると、引っ込みがつかなくて悩むことになるでしょう。ムカッときてもすぐに言い返さず、深呼吸のひとつでもして冷静に話し合って。間違っても、口より先に手がでた……なんて事がないよう最善の注意を払いましょう。

運勢エネルギー(十二運星)

今日の運勢エネルギーを表すのは、「病」という、弱気・衰退を意味する星です。人間の一生に例えると、<第一線の場から遠のき、隠居生活にはいったイメージ>になります。今日は、運勢も盛運期を過ぎ、緩やかに下降し始める一日。胸が躍り出すような華やかな展開は期待できないにしても、安泰と充実は約束された一日です。特に、恋愛面においては、恋人と二人でほのぼのとした、心が休まるような時間を共有できそうです。

運勢バイオリズム(天中殺)

今日は、穏やかで安定した一日となるでしょう。今まで頑張ってきたことがスポットライトを浴びる暗示もあります。あなた自身の人間性も高く評価され、目上の人からの信任を受けられるでしょう。

有料競艇予想配信開始まで 55日 となりました。
人気ブログランキングへ⇒⇒⇒
競艇予想ソフト発売開始まで 1516日 となりました。

どらもんの預金口座が 2754万円 となりました。
     

通常定期預金満期日まで 148日 となりました。 


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/1604-c1f340a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック