データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












2月16日 冒険の先で得た楽園という1つの小さな世界

ボンジュールです。
今日も1日 楽しんで困難なことを乗り切っていきましょう!!
ニーハオでんす。おはようでどふぁら。  

           


今日は2012年2月16日です。
毎日のニュースは、こちらでチェックじゃぞ!!
ニュース道場

有料競艇予想配信開始まで 44日 となりました。
人気ブログランキングへ⇒⇒⇒
競艇予想ソフト発売開始まで 1505日 となりました。

どらもんの預金口座が 2089万円 となりました。
     

通常定期預金満期日まで 137日 となりました。 


あはははは 行くぜい!
笑いが止まらないほどの 追い風が今
自分の背中から吹き荒れる。!。!☆

冒険の先で得た たくさんの幸運を
荷物につめて
世界を旅しよう!
いっぱい たくさんの幸運を詰めて
まわりに振りまいていこう!!!
世界を 花に変える力が
あなたには あるのだ。
 
人は 不安の中にあると 
焦りだけが膨らんで、空回りして なかなかいい仕事ができない。
一定の余裕を持っていること
つまり 未来を楽観的に捉えると
自分の中にあるパワーがどんどん輝いてきて すごくいい仕事ができる。
こういう内面的なメンタルを整えることが
一流になるためには、必要不可欠な要素である。
 
楽観的になるためには、悲観する要素 つまり
今ある現実の痛みを 真正面から受け取り、
しっかりと 現実の痛みを帳消しするために、
奮闘することが一番の近道

現実の痛みがある理由とはなんだろうか?
それは、漠然とした不安 つまり 憂い
こういう感情は、 現実の痛み を増大させる。

閉塞感のある社会は、 こういう
漠然とした不安 つまり 憂い という感情を生みやすい。
こういう感情に囚われてると、
目の前にある仕事も おろそかにしてしまい、
しっかりした成果を上げることができなくなる。

こういった感情も乗り越えて、
どうにかして前に進んでいかなければ、
いつまでたっても、現実の痛みを帳消しすることはできない。

現実の痛み を帳消しする指標を見るためには、
数字 だ。
数字こそが 現実 を教えてくれる
確かな指標になる。

例えば、自殺 という社会的な現実の痛み
この数字が年間3万人以上を毎年 推移しているのだって、
しっかりと この痛みに向き合って帳消しにできてないからだ。
もし、この数字が 4万人以上に数字が変わったら、
それこそ大問題である。
問題を看過することなく、逃げてはならないのである。

もし、しっかりとこの痛みに向き合ったのなら、
何らかの形 つまり 数字 として
成果がでてくるはずだ。
現実は、自分ではどうにもならないほど
困難なことが溢れてるけど、
しっかりと向き合っていくしかないのである。
それが、生きるということである。

生きるという原点をたどれば、
人間が狩猟時代の時は、
男が村から、旅に出て獲物を取ってきて、
村に持って帰るということで
村の人 すべてに食料が行き渡り生きることができた。

この場合、獲物をいっぱいとってくる人間の子孫をたくさん残したほうが、
村の将来の存続には、良いというのが 明快にわかる。
 
これからの この閉塞的な世界を構築している
社会 に必要な精神は、

ノブリスオブリージュの名言
地位あるものこそ 社会に対し献身的でなければならない

という言葉である。

それだけの社会的地位とパワーを持っているのなら、
しっかりと現実の痛みに向き合い、
社会に対し善良な方向に献身的でなければ、

人間 が生きていく為に必要な

希望 というパワーは生まれてこない。

希望 というパワーこそ
人間を より良い方向へ導いてくれる
最大なるパワーであると、どらもん は考えているし、
信じている。
希望とはなんだろうか?
希望すら、忘れてしまった 現代人のために、
1つの作品を紹介しよう。
この物語から、希望の意味が 少し何か わかるかもしれない。 
どらもんが考える希望の意味とは、
己の身を委ねることができる
より良い 運命を勝ち取る 1つの道である。
その物語とは、3月2日から全国公開される
映画 戦火の馬 である!!


65歳になったスティーブン・スピルバーグ監督が、今、この時代にこそ贈る“希望”の物語。

全世界待望のスティーブン・スピルバーグ監督最新作にして、彼が運命に導かれるように創り上げた渾身の感動作が、いよいよベールを脱ぐ。

第一次大戦前夜のイギリスの農村―― 貧しい農家にひきとられた一頭の美しい馬は、ジョーイと名付けられ、この家の少年アルバートとかけがえのない絆で結ばれる。だが、開戦によってジョーイはアルバートから引き離され、英国軍の軍馬として戦場の最前線に送られてしまう。死と隣り合わせの過酷な日々の始まりは、ジョーイの驚くべき旅の始まりであり、彼がやがてめぐりあう戦時下の人間たちの、切なくも美しいドラマの始まりだった・・・。

悲劇に打ちのめされながらも希望を信じて生きようとする人間たちの姿を描き出す、壮大なる感動作『戦火の馬』。戦火を生き抜くジョーイという一頭の美しい馬との出会いと別れを通して、彼らひとりひとりのドラマが鮮やかに浮かび上がる。


希望を生むために必要なこと
それは、負やマイナスの出来事を看過することなく、
こういう事例ほど強く関心を持つことである。
悪いものが放置されている限り、
希望というものは、生まれてこない。
悪いものが強くなればなるほど、
希望を消し去るほどの
絶望という大きな負のパワーが人間を飲み込もうと
影となって、襲い掛かってくる。

児童虐待 という社会問題
これも年々、増加傾向にある。
ストレスを抱えた家庭が、ストレスに対処できず、
悩みを1人で抱え込んでしまい悲惨な方向に、
進んでしまうというものである。
こういう社会問題の根底には、家庭内 不和が考えられる。
つまり、夫婦の中でしっかりしたコミュニケーションや信頼関係が
築けていないために、
こういう問題が噴出してくる。
この背景には、仕事から帰ってきた 夫は、
家庭の中では、ほとんど役に立たない人間であるケースが
極めて高い。
こういう背景が、妻がストレスを抱え込んでしまい、
児童虐待になるケースが考えられる。
もっと最悪なケースは、仕事に疲れた夫が
児童虐待するケースである。




勉強には、5がある
強には、王道の5段階があります。

次の5つの段階順に勉強を進めるのが、1番効率よく、合格率も高くなります。

ここで紹介するのは、わたしが今まで研究して見つけた実績のある方法ですし、
事実、このやり方でたくさんの資格を取ってきました。

一挙公開します。

===== 勉強の基本5段階 =====

  1. 全体像の把握
  1. 理解
  1. 記憶
  1. 復習
  1. テスト
まず(1)から順を追って説明します。

教科書を読み進めるコツは、最初に全ページを一気に読み切ってしまうことです。

細かい内容の理解や記憶は、しなくてかまいません。

初めにしなければならないのは「全体像の把握」です。

「このような内容、このような問題、このような流れで内容が進んでいくのか」という教科書の全体像を把握します。

目次も利用しながら、スピードをもって、最初から最後まで一気に読み進めます。

1段階目は、これだけで十分です。

内容の理解や記憶は、あとまわしで結構です。

1段階目の勉強は、あくまでも「全体像を把握するため」に、一気に読むのです。

短くて1日で、長くても3日以内で、教科書全体を、スピードを出して一気に読み切ってください。

多少なりとも無限と思えた勉強の「端から端まで」が確認でき、精神的にラクになることでしょう。

「全体像の把握」は、2段階目以降に続く土台となります。

さて次に、2段階目の勉強です。

1段階目の勉強は「全体像の把握」に重点を置いた勉強でしたが、2段階目の勉強は「理解」に重点を置きます。

時間をかけていいですから、各章、各項目をじっくり読み進めます。

とにかく内容の理解を心がけてください。

2段階目には、1段階目とは違って、スピードはありません。

内容を理解するために、時間をかけていいですから、じっくり読み進めてください。

わからないところがあれば、先生や友達に積極的に聞きます。

検索してWebサイトで調べたり、辞書を使ったり、先輩に聞いてみたりします。

とにかく「理解」するようにつとめましょう。

続いて、3段階目の勉強です。

3段階目の勉強は「記憶」に重点を置きます。

1段階目の勉強では「全体像の把握」して、2段階目の勉強で「理解」に重点を置いた勉強でした。

次こそ「記憶」です。

今まで細かく覚えていなかった「名前」「年号」「場所」「特徴」などを細かく正確に記憶します。


「なぜ、3度目に記憶なのか」

ここがミソなのです。

理解と結び付けて勉強するためです。

2段階目の勉強で、きちんと理解できていれば、3段階目の記憶は非常に効率がよくなります。

人間は暗記を苦手とし、覚えにくく、その上すぐに忘れます。

しかし、理解を伴った記憶は、覚えやすく、忘れにくくなります。

最初に理解をしておけば、記憶作業は非常に効率よく進みます。

ですから、2段階目に「理解」、3段階目に「記憶」という順なのです。

この順は、最重要です。

「名前」「年号」「場所」「特徴」を理解に結び付けて、覚えていきましょう。

4段階目は、折り返し地点になります「復習」です。

2段階目の勉強で「抜けていた理解」や、3段階目の勉強で「抜けていた記憶」を復習して、穴埋め勉強をします。

記憶は、復習すればするほど、定着します。

短期記憶から、長期記憶へと変化します。

何度も復習を重ねて、抜けていた穴を徹底的に埋めましょう。

 

「完ぺきだ」と言えるほど何度も復習を重ねて、最後に5段階目の「テスト」です。

 

本番そっくりの模擬試験を受けて、ショックを受けてください。

あなたが完ぺきと思っていても、模擬試験を受けると、意外な問題で点を落としてしまうことでしょう。

そうして自分でも気がつかなかった穴を見つければ、2、3、4段階目に戻り、理解、記憶、復習をやり直します。

このサイクルを繰り返し、模擬試験でのスコアが80~90点を安定して取れるようになれば、試験勉強は完了です。

「本試験」を受けて、合格をつかみ取ってください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/1615-5723c6ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック