データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












3月4日 30代は貯蓄格差を埋めるラストチャンス

おはようございます。今日も1日 アイアムレジェンド!! 

今日は2012年3月4日です。
毎日のニュースは、こちらでチェックじゃぞ!!
ニュース道場

有料競艇予想配信開始まで 27日 となりました。
人気ブログランキングへ⇒⇒⇒
競艇予想ソフト発売開始まで 1488日 となりました。

どらもんの預金口座が 1519万円 となりました。
 
 



39歳までが 人生の総貯金額トータルを決めると言ってもいいほど
人生4回裏までに、得点をいくつ獲ったかが勝負の分かれ目となるであろう。

人生5回表 つまり 40代からは
39歳まで 頑張ってきたことの折り返し地点であり
ここを出発点としてスタートしたとしても
そう簡単に逆転が効かない試合が展開される。

人生1回表で1点を獲るということは、
1回裏以降全て 1点以上獲ると言っていいほど、
ゲーム展開は、どちらかに傾くと
その方向に相乗効果を伴って、
得点があがっていくのが人生である。

理由は人間の脳の特性にあるからだ。
人間の脳には、慣性の法則というものがあり、
勝ち癖がついている脳は、
とんでもない成績を残すことができる。
その例として、イチロー選手は
子供の時から、ぶっちぎって1回裏から
野球という職業に得点を積み重ねている。

逆に負け癖がついている脳は
どうしようもない成績しか残すことができない。
借金を積み重ねる人は
借金はよくないと分かっていても
1度手を出すと、そこから抜け出せないのは
負け癖がとことん染み付いているからであり
どこかで、この負け癖を
勝ち癖へと転換しない限り
試合の流れは変わらないのが、
人生というものであるからだ。

負け癖とは、自分の得点表に、
マイナスポイントをつけていると思って良い。
まずはマイナスを帳消しにして
0にすることが最善である。
ここまできたら、次は自分の得点表に
めいいっぱい加点して
どんどん得点をあげていこう!
 
自分の得点表を お金の貯蓄 というフィールドで考えれば、
20代の目標 1000万
30代の目標 2500万
40代の目標 5000万
50代の目標 8000万
60代の目標 1億2000万
を目標に、貯金に向けて 一般家庭の方は努力しようとするだろう。

よく考えてみると、
人生とは面白い。
1人1人の人間の人生は、大きな視点で見ると、
精巧な統計学的世界で展開されていることがわかる。

偶然のようであって、あなたの目の前で、
起こることは全て偶然ではないのだ。
過去の積み重ねがもたらした
必然的な結果をあなたの人生で提示しているに過ぎない。
あなたの目の前で不幸な事柄が起きたとしても、
決して逃げることなく立ち向かっていって欲しい。
それは神様がくれた試練だと思っても良い。
弱い人間には、神様がしっかりと
1つ1つ試練という名の問題を
あなたの目の前で提示してくれる。
それを解いていけば、必ず
強い人間へと成長していくことだろう。

あなたの脳 の可能性は 無限大と叫びたくなるが、
統計学的世界の視点の中で見れば、
そう大した世界ではないのである。
この統計的世界を超えていくには、1人1人の人間の平均レベルが
上昇していかないと、この統計的世界に示す値の収束値は、
あまり変わらないからである。

これをひとつの世界に例えてみれば、
プロ野球の世界 プロサッカーの世界 あらゆる世界すべてに通じていて、
その世界を構成する 人間の平均レベル が上がっていかないと、
統計的世界に示す値の収束値は、
あまり変わらないからである。
この平均レベル が上がっていくと、どういうことが起きるか?
それは、今までの プロの世界 が革新的にレベルアップしたことを示し、
より観客たちを魅了する競技へ発展する文明価値を見出すこととなる。

よく 王貞治 が凄い 長嶋茂雄 が凄い と
考える人がいるかもしれないが、
1人の人間が特別 凄すぎる ということはありえないのだ。
人間というものは、まわりの人間から影響を受けるものであるから、
王貞治 や 長嶋茂雄 のまわりを構成する社会の下地に、
こういったスターを生み出す社会的要因があったことが
こういう幸運をもたらしたと、 どらもん の推測は、
かなり高いレベルで妥当性を示すものだろうと思っている。
イチロー や 松井秀樹 というスターも
なんらかの幸運を生み出す社会的要因があったことが、
こういうスターを生み出していると、
どらもん の推測は正しいであろう。
昔の時代がよかった とか そういうものは正しくないのだ。
今の時代 と 昔の時代 では、こういう
幸運を生み出す社会的要因が変化しているため、
その時代 その時代にあった 幸運の掴み方 が
スターを生み出すと、どらもんは考えている。
ラルクエンシエル というバンドも、その時代を生きている人間をとりまく
社会的な要因や文化的な影響を受けていることは否めず、
さらにバンド結束時のメンバーの出会いが、より良いものであったことが
あそこまでレベルの高い ロックバンド を生み出すという
幸運をもたらしたと、どらもん自身は考えている。
 
そして子育てにおいても、
子育てを担う 父 と 母 の 頭の良さ や 体力気力 そして 若さ=パワー が
もろに、子供に影響を与えるため、
子供を育てる 父 と 母 が若い20代前半あたりが
もっとも 優秀な子供を育てる上で、
最強のアドバンテージの幸運となるであろう。
父 と 母 が高齢になればなるほど
優秀な子供が生まれる確率は残念ながら下がっていく。

この話から何が見えてくるか?
人間というものは、まわりの人間から影響を少なからず受けるため、
自分が属する 会社 や 学校 といった環境の良し悪しによっても、
自分という人間が左右されてしまうことを意味しているのである。
ということは、自分の学校に あまり真面目ではない勉強嫌いな生徒が
たくさんいれば、少なからず 自分という人間にも影響を与える。
常に、自分が置く環境によっても、
自分という脳の世界は 変わってしまうのである。
 
本気で 日本の学校 という文明を根底から変えていきたいなら、
学校で授業を教える先生の 熱意や励まし そして 優しさ というものは、
学校の生徒にとって、貴重な財産となる。
こういう熱意のある人材こそが、人間を変えていく
パワーの源であるし、
この優秀な先生を作っていく社会的な下地を用意し、
教職員 という職業も 競争性にして、
より優秀な 先生には、 年収1000~2000万クラスの
超エリート職業として、作り出さなくてはならない。

黒板の前で、ただ話すだけではなく、
面倒見の良い先生こそ より子供たちに勉強の楽しさを伝えていくことができ、
将来の 日本を構成する 人間の平均レベルを上げていくことになる。

日本の メディア は、
今 ニュースになっているものから社会を読み取り、
じゃあ このニュースに関して、
社会に対してどういうメッセージを送り、
どういう社会を望んでいるのか?
そして、そういう社会にするために、どういう活動をしているのか?
と、より高いレベルの仕事に取り組むことが大切であると考えている。

人生だいたい100年という時間で見積もると、
36500日ほど 生きることができる
回数券を与えられたと思って良い。

生まれて 365日で1歳となるが、
まだまだ記憶が発達していないため、
精神の充実度で見れば、低いクオリティなのである。

5歳
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/1631-1b58cc36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック