データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












5月1日 ナイトメア悪夢からの生還覚醒そして栄光

おはようございます。今日も1日 アイアムレジェンド!!
今日も1日 ドカンと最高の笑顔で ファンタジックに生きましょう!!


ただいま有料競艇予想を行うため、準備をしております。しばらくお待ちください。
有料競艇予想配信開始まで 335日 となりました。
人気ブログランキングへ⇒⇒⇒     
 
先月4月のどらもんの風呂回数は90回を達成しました!!
月4月のどらもんのマラソン距離は0kmを達成しました!!

どらもんの風呂日記 記録帳 で どらもんの風呂回数を確認!!

CMサイト に登録して、コツコツ ポイントを貯めよう!!
あなたの 勇気ある 登録 が 日本の未来 そして どらもんの未来を変える。
その勇気に称えて、kyoteidojoさん 3306CMポイントの画像が更新されます。
今日は2012年5月1日です。
毎日のニュースは、こちらでチェックじゃぞ!!
ニュース道場 ←←昨日4月15日のアクセスは27人を達成!!
通常定期預金満期日まで 62日 となりました。   
人気ブログランキングへ⇒⇒⇒
競艇予想ソフト発売開始まで 1431日 となりました。

どらもんの預金口座が 1203万円 となりました。


はじまりは何だったのだろうか?
運命の歯車は、いつまわりだしたのか?
時の流れのはるか底から
その答えをひろいあげるのは
今となっては不可能に近い・・・・・・ 
この世が悪夢に変わる前に
目を覚ませ 覚醒せよ 

あなたを呼び戻す 心の声
絆をたぐりよせ
ナイトメア悪夢から生還し覚醒せよ

生と死のはざまで繰り広げられるミステリアス
ナイトメア悪夢アンダーザワールド ヘル地獄への招待
目で確かめることができない真実に対しては、
文献などの情報から、
どのようにして、事実関係を見抜いていくかの
工程を学ぶ必要があるだろう。

ここに1つの例題を提示する。
太平洋の海に、ボート1隻が航海にでた。
この1隻には、船員8人が乗員している。
彼らは皆、博打的なカニ漁で
大儲けを企んでいる男達だ。
たくさんお金を儲けて、来年のカニ漁まで
ゆったりとした生活を送るため航海に出たのである。

しかし3月21日に日本の全国ニュースで
この船の船員達が皆 消息不明になったと
放送されることになる。
救出ヘリが消息不明地点へ急行すると、
船を発見したのだが、ミステリアスな事が起きていた。
 
精神の均衡を打ち破る 恐怖 に次ぐ 恐怖
ミステリアスでデンジャラスな
生と死のはざまの 世界が幕をあける。

船員の姿を確認できないのである。
そこで無線で、海上警備隊に現場へ急行するように伝える。

警備隊が船に到着すると日誌を発見した。
この日誌こそ 呪われた世界 の幕開け
この日誌を見たものに、より恐怖の不可解なことが起こりはじめる。

ボートの休憩室では8人が航海日誌を付けていたようだ。
航海日誌を付けたのは、7人の男と船長の1人である。

記録された日誌は8つあった。
1つめは 船員 松井秀樹
2つめは 船員 松井繁
3つめは 船長 西郷隆盛
4つめは 船員 山崎智也
5つめは 船員 ウェンツ英二
6つめは 船員

この8冊の日誌から真実を見抜かなくてはいけないのだ。
彼らに何があったのかを
この8冊の日誌を追えば、1つの真実へ
帰結していくだろう。
8冊の文献から誰が嘘をついていて
誰が本当の事を記録しているかも
見抜かなくてはいけないのだ。

あなたには、その工程にチャレンジして欲しい。
この挑戦であなたの頭脳はさらに良くなることだろう。

現実は小説より奇なりというほど
ミステリアスな摩訶不思議な
ミラクルワールドが待っているのだ。
(坂本竜馬の暗殺の裏側 硫黄島での戦争
韓国野球オリンピックでの監督と選手の裏側
映画イルマーレ ハワイ沖パールハーバー攻撃の裏での画策
アメリカの大西洋沖で遭難事故の裏側 など) 
摩訶不思議な大冒険を
生きているうちに挑戦せずして
本当の生きる楽しさは
30%も味わえていないだろう。
難問中の難問な問題ほど あなたを
楽しい世界へ いざなってくれるのだ。
いったい彼ら8人に何があったのか?
日誌から紐解き その謎の解明へ
冒険してみようではないか。

まずは1冊目
船員 松井秀樹 の航海日誌
2月6日
航海の船旅に出る。
釧路港より午前4時に出港。
この日の天気は晴天だが
非常に肌寒く風があった。
この時の操縦席は
若手の船員 ウェンツ英二
出港より3時間ほどして
午前7時ごろ
操縦席は船員 松井秀樹
に交代。
この頃、休憩室には5人の男がいた。

2月7日
この日の天気は曇り
釧路港より現在80キロ離れた
太平洋上にいる。

<コラム>
人生の中で 生きることは、
とてつもない超強力な刺客が用意されているので注意。
たくさんの刺客がいるから、人間は生き方を間違える。

まず 競艇界 において
今村豊 の 栄光と挫折について分析してみよう。

過去を生きてきた人の失敗から学ぶことは多いのだ。
なぜ 今村豊 は 競艇の道中の中で、
挫折したのか?
今村豊 という男を分析した結果、面白い事実が浮かび上がってくる。
競艇道の前半から、栄光に向かって、
凄い速度で、勝利を掴み取っていく。
しかし、その前半の栄光を重ねてるうちに、
その栄光の陰にメニエール病という病気を発症し、
中盤の歩みは、前半の栄光が衰えることになる。

どんな 栄光と挫折の中にも
必ず法則があり、 
1人の人間の 心の中にあるもの
内なる敵 つまり 内なる刺客
と どう戦っていけば良いのか?
栄光にたどりつく つま掴み取るまでの過程には、
たくさんの過程が待っている。
それ以上に難しいのが
一度掴んだ栄光をしっかりと防衛することだ。
人生において栄光を維持して防衛することが一番難しいのだ。

これが わかれば
自分の栄光が 闇に葬り去られることはない。

闇とは 自分の心の中にある敵である。

自分との戦い方に失敗することで、
人間は急死したりしてしまうのである。

急死した サッカー 松田直樹 選手
そして 野球 木村拓哉 選手
これら2人の 自分との戦い方 から
なぜ 彼らは 栄光に向かう戦いの中で
失敗し 死に至らしめることになったのか?
この失敗を分析することで、
人生の歩み で 失敗する確率を減らすことができる。

そして 自殺した芸能人の心理状況を分析することで、
どういう心の軌跡があって、そこに至ってしまったのか

自分の心に眠る 内なる敵つまり刺客 は
どういう形や作戦で、
我々から、戦う意志を阻害し、
邪魔立てしてくるのか?

そして、大阪府 の 2人の子持ちだった女性 が
育児放棄し、室内に閉じ込め餓死に至らしめたのか?
心に眠る 内なる敵つまり刺客 
心の闇を分析することで、
人生の歩み で 失敗する確率を減らすことができる。
彼女の心の闇を分析すると、
どこかで、自分を支えて欲しい や まだ自分に甘えていたい
という欲求が見え隠れしてくる。
そして、2児を預かる母子家庭に至る過程の中で、
ある男性と交際し、離婚するまでの心の闇をたどってみることとした。
彼女のブログには、当初
2児の育児について、楽しそうに書き込む姿が浮かび上がる。
しかし、2児の育児は なかなかの責任と重み がある。
そして、育児放棄に至るまで、
人生に悩まされている可能性が高いのだ。
この悩みに手を差しのべてあげられる人がいないから、
1人で問題を抱え込んでしまい、爆弾が爆発することになる。
人間は弱い。自分で処理できる以上のストレスを抱え込むと、
問題を表面化しやすいのである。
児童虐待というテーマは、社会そのものが病んでいる
1つの警告である。
そして 実存社会 そして 絆 を訴える
日本社会が抱える闇が非常に鮮明に浮かび上がってくる。
社会が病んでいる証拠である。
一度失った絆を取り戻すには、闇にたたずむ刺客と戦う必要がある。
そして、その闇から目を背け、時間が流れるままに生きる
日本という社会には、大きな闇という爆弾を抱えている。
この爆弾が爆発した結果が、
児童虐待 や 色々な社会問題 として浮かび上がらせる。
しっかりと 社会の闇を 分析しなくてはいけないのだ。
闇が分析できなければ 児童虐待の裏で何が起きているのか?
それさえ理解できない人間がいれば、
その人間そのものも病んでいる可能性が高いのだ。
みんなで見えない病という爆弾を抱えていれば、
それは、全く見えない心の闇となって社会そのものが支配されてしまうのである。、
社会そのものが闇に支配されていれば、活力は失われる。
活力がないところに、資本主義という
お金のために働く牢獄に近い企業帝国社会を提案したところで、
社会に大きな活力を生み出せない。
それが1人1人の人間の奥に闇を生み出し、
社会そのものに爆弾を生み出すことになる。
そして その闇が巨大化した結果が、
未婚社会 そして 少子化問題 など あらゆる社会問題を肥大化し、
この爆弾をもう処理できないほど
社会から活力をどんどん削ぐ闇が
とてつもない勢いで急速している。
こんな爆弾が進行している中で、
若者の就職率低下は、より問題の本質からズレ
社会の活力をどんどん低下しているようにしか見えない。
活力が低下している人間に、この闇と戦うだけの
チカラが備わっていることはありえず、
若者に厳しい戦いを強いたところで、
なかなか社会を元気にするのは難しいであろう。
そして、今ある日本社会の実態はというと、
社会を支える高い年代の人達は、
この闇を処理しきれず、
1人の人間をどんどん路頭に彷徨わせているのだ。
問題の本質を見極めることが大事だ。
アメリカでは、現在 日本人が抱えるメンタリティから、
今後 荒療法を行わなくてはならない課題に対して直視してきているのだ。
アメリカは、今 世界を生きる人達に、
希望を与える生き方を模索するため、新しい
メンタリズムを提唱してきている。
内なる心に耳を傾け、問題の本質を直視し、
勇気を出して、それに打ち勝つことが大切であると説いている。
人間は弱い。自分の理解を超えた
問題が浮上してきたとき、その問題を解決できなければ、
それは悪夢へと変わり、社会から大きな闇を生み出す。
この闇とは、間違った生きることの価値観のズレから生じる。
両者の世界の価値観にズレが大きく生じると、
大きな爆弾を生み出すことになるのだ。
この爆弾は、現実の認識に 大きなズレを生じさせてしまい、
悪夢を作り出す火種になる。
違う運命と運命がぶつかることで、大きなズレを生じさせ、
いのち

この事象から、1人の人間が持つ 闇 が凄く見えてきた。
しっかりと その闇 は 手当てする必要があるのだ。
闇は 悪夢をもたらし、人生の生き方に失敗を生みやすい。
心の中で、どういう葛藤があり心の闇が浮かび上がってきたのか?
その葛藤に負けたとき、人間は闇に支配され、
生き方を間違え、とんでもない人生を歩んでしまうのである。
その人の心が抱える闇 が浮かび上がってきたとき、
その人の未来の生き方 に強い影響力がでてきてしまうのだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/1692-1c50a1e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック