データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












8月27日 ある一つの妄想の物語

婚活で知り合った女性の両親の家へ訪れる

どらもん「はじめまして、どらもんと申します。
     この度 娘さんと婚活で知り合いまして、
     娘さんの両親にお会いしたく訪問いたしました。
     さっそくですが、娘さんは
     どういう人間でしょうか?」
娘さんの御宅では、もしかしたら
結婚という過程まで進むことがあると、
次も顔を会わせるため、
好印象を与えるため真剣勝負で臨むこと。

どらもん「まだ出会ってから1週間と短く
      ここはやはり付き合いの長い両親が、
      一番娘さんという人間をご存知だと思いまして
      色々お話を聞かせて頂くと嬉しいです。
      子供の頃とか、学生さんの頃とか
      どんな感じで過ごしていましたか?」

娘さんの父親「いや~ 君がどらもん君か。
         すぐに挨拶にくるとは、こちらも大変驚いたよ。
         さっきまで鼻毛そうじをしていたんだが、
         娘から急に電話で、婚活で出会った 
         どらもん君が来るということでな
         こちらも心臓ドキドキで、久しぶりに
         人生に緊張感というか トキメキ を覚えたよ。
         人生はやはり ほどよい刺激 と トキメキ が
         必要だと深く感じたしだいだよ。」

娘さんの父親「まあな わしも年に年なんでな
         あまり強い刺激やドキドキは心臓に悪いから、
         以後 気をつけてくれたまえ。」

どらもん「僕も ドキドキしてました。

      娘さんの父親に合うのは、恐怖の何者でもないですし、

できれば避けて通りたい道でもあります。

でも人生 逃げてばかり では駄目ですよね?

やはり戦わなくてはいけない日が必ずくる。

であるなら、早い段階でこの恐怖に対峙し

娘さんの両親に会うのが筋だと思いまして、顔を出すことにしました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/1810-02d538d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック