データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












12月2日 小説 ハイランドホープ 絶望に眠る宝もの

グッドモーニングでやんす。ありったけの元気で今日を生きろ!!
今日も1日 ドカンと最高の笑顔で ファンタジックに生きましょう!!  

絶望から希望へ紡ぐ為には、どうすれば良いのかが
この物語に描かれている
主人公は、たくさんの困難に出会いながら
どう成長していくのか?心の葛藤を緻密に描き出すことで、
読者があたかもリアルな世界を体感する躍動感のある小説だ。

小説 ハイランドホープ 絶望に眠る宝もの


この物語は、10年もの時を眠る姫 と 王宮の存亡をかけた王子の物語である。
その物語の伝説が語り継がれる裏で、
青年ギャオという男を忘れてはならない。
この青年こそ、世界を救い出した真の勇者なのである。
物語の始まりは、小さな勇気を振り絞った青年ギャオが
世界を駆け巡るうち、運命をどんどん好転させていき、
偉大なる歴史を作り上げる壮大な物語である。
ある小さな陰謀と野望を抱いた男が、世界を絶望へと導こうという中で、
その陰謀と野望は、しだいに巨大化し始め暴走し始める。
どこにでもいそうな1人の青年ギャオが、
小さな勇気で走り回るうちに、その巨大化していく陰謀に
飲み込まれそうにもなりながら、必死にその絶望と戦い抜き、
己に課せられた運命に気づき始める。
そして、青年ギャオは世界を希望へと導けるだろうか?
いよいよ未知なる運命がまわりはじめようとしていた。

青年ギャオに取り巻く環境は、極めて厳しい。
貧困とも戦いながら、必死に生き抜いていく青年の姿を描くことで、
現代の日本の世相にも反映させた。
悩み多き日本人に、ぜひ読んで欲しいファンタジー小説へと
作者どらもんは、丹精込めて描き出している。
作者どらもんの一つの夢として、自分で作り出した小説を
皆さんが良く目にする書籍を販売している本屋さんの陳列棚に、
置いてもらうことだ。

さて、前書きはおいておいて、
この物語の根幹にあるものは、青年ギャオという男にある。
小さな立場にある者では、運命を変えられないのだろうか?
大きな立場つまり支配する者が
作り出す世界に順応していかなければならないのか?
最近の不況という波には、一方方向へ流れる人間の時代の流れに、
どんどん格差が生まれ、そこに絶望を生み出し閉塞感が生まれていることである。
現に、ロンドンオリンピックの開催を前に、デモ抗議という流れも生み出している。
その今ある時代の閉塞感を闇という組織を使うことで、
大衆から活力を奪い絶望へ導く姿を重ねてみた。
一方方向への運命の流れでは、人間は閉塞感を生みやすい。
だからこそ、新しい生き方を模索し考える余地を与えてくれる作品として、
ファンタジー小説という形で描き出した。
人間には、悪い流れを感じる力がある。
その悪い流れから脱却し、新しい流れに乗り換える姿こそ、
人間ひいては生物としての進化のあるべき姿なのではないか?
という新しい試みをぶつけた作品だ。
必死に戦う人間の姿は美しい。
何かと戦う姿は、その映る目に何かを訴える力がある。
小さな戦う姿が、まわりの誰かを変えるかもしれない。
閉塞感に陥った時に社会に必要になるであろう精神を
これでもかとばかりに、このファンタジー小説に凝縮させ、
今を生きる者に、訴えるメッセージ性の強い物語へと昇華させた。


そして、黄金塔には何が待っているのだろうか?
闇の地 から 出でてくる 荒地の魔獣 とはなんだろうか?

今 新たなる物語がはじまろうとしている。

眠り姫とは、 シースカイキメラ という 海の上にある王宮の 姫様である。

今 街には 麻薬がはびこり、街の住民は、
この麻薬という薬漬けになって、廃人に近い人間が街のスラム街に
溢れかえっていた。
この社会現象の裏に、最強の暗黒麻薬組織
ダークシーフタイタン メキシコアルテマ ヘルラピッドファング という 
3大組織が存在することを知る。

この物語に登場する 王子の王宮は、
ハイランドホープ という高原に位置する自然に囲まれた
まさに 希望にふさわしい場所に 王宮が存在していた。

ビートルズヘルプ という街が、完全に 暗黒麻薬組織によって潰され、
この街を統治する首相は、ダークシーフタイタンのボス 
ウォールバグ という頭の切れる年のいった男 が統治していた。

ビートルズヘルプ という街の住民の20%~30%が麻薬付けになっており、
この街の 勇軍騎士団 に応募した 20歳の青年 ギャオ は、
ハイランドホープ にこの街の現状を知らせようと、馬にまたがり
疾走と目指していた。

ハイランドホープ には 由緒代々 引き継がれる
正当の騎士団 ホープ騎士団 が存在する。
その騎士団の組織は、100人の有望なエリート騎士団 によって
作られている。
ハイランドホープの高知から眺める眼下には、
畑や田んぼを耕す農民や、商売でお金儲けをする行商人が溢れかえっていた。

20歳の青年 ギャオ は、この馬に またがり、
ハイランドホープを目指していたが、道中 食料も尽き果て、心身ともに疲れ果てる。
己の力では、ハイランドホープは難しいと判断したギャオは、
目標を変更すること決意する。

青年 ギャオ がスタートしたビートルズヘルプという街から、
ハイランドホープまでは、3000キロも離れた距離にあり、
1人で目指すのは、無謀だということを知る。

ギャオが またがっていた愛馬 ポルウェン という馬は、
ギャオが5歳の時に、祖父がくれた名馬である。
ポルウェン は 格式高い牧場で育てられ、
黄金色に輝くその毛は、まさに ブランド級の毛並みである。
この名馬だからこそ、3000キロ離れた地へもいけるだろうと。
ギャオは甘く考えていた。
しかし、ポルウェンと共に実際に走ってみたら、
色々な問題があることに気がつく。
まずポルウェンに積める食料は、2ヶ月分までが限界だということ。
これ以上積むと、馬にとっても負担になり、
馬の体力消耗が激しくなる。
もし、速く疾走したいのであれば、荷物はできるだけ軽いほうが良い。
そして、馬の 持久力 と スピード で
3000キロ走行するには、どの程度の日数がかかるか計算した。

ギャオは、こうして自分が今 足を止めてる間にも、
ビートルズヘルプ という街が 絶望に飲み込まれようとしていることに、
焦りを感じていた。1
日でも早く、このことを知らせ、希望に繋げようと考えていたが、
ことは、そう簡単に上手く回らないらしい。
そして、最も過酷な試練が ギャオに立ちはだかる。

その頃、ビートルズヘルプという街の首相に、ギャオという青年の噂が耳にはいる。
ウォールバグは、その話を聞きつけるや否や、追っ手を放った。
盗賊集団の中でも、選りすぐりのエリート集団
ヘルアンドへブン という軍団組織だ。
彼らは、麻薬密輸という商売の裏で、とんでもない武装集団を作り上げていた。
世にも恐ろしい武器や防具を集め、1人1人の戦死を最強に育てていたのだ。

ヘルアンドへブン は 10人の盗賊団で成り立つ。
その軍団長は、アクセルハイ という男は、
あらゆる武器を極めた男で、その滑走とする武器の使い方はお見事の一言。
一度合間見えた物は、その疾風の如く繰り出されるモーションに翻弄され、
生きて帰ってこられるものはいないというほど、恐ろしい戦士であり、
集団を束ねる頭の切れる男である。
アクセルハイ は、その軍団の下に使える部下100人を全てを
ギャオという青年の追っ手に放った。
なんとも恐ろしい未来の戦いが、これから起きようとしていた。

果たして ギャオという青年 そして 名馬 ポルウェンは
この100人の追っ手から逃げ切り、ハイランドホープに辿り着けるのか?

ギャオという青年に、新たな仲間 ボルボ と カムラン という
2人の男が道中に味方になってくれ、
いよいよ次の幕へ移行しようとしていた。

軍団長アクセルハイの強さは、どれほどのものなのだろうか?

そして紅の戦士団 ガリア騎士団 とは何者だろうか?

いま第2幕が幕をあげようとしていた。

ハイランドホープにいるという 王子の正体は?
10年の眠りにつく姫の裏に潜む陰謀とは?

いま たくさんの糸が折り重なり 新しい真実という物語へ
未来は帰結しようとしていた。

荒地の魔獣 そして 紅の戦士団 ガリア騎士団 の関係はなんなのか?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/1928-8579c7a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック