データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












12月19日 ボート家康の開発の歩みを風化させてはならない

おはようでんす。ぼくの名前は タルト


ボート家康の開発の歩みを風化させてはならない

競艇ソフトの開発をしていると、
途中で投げ出して頓挫してしまうことが、最も開発の歩みの中で危惧することだ。
最初の開発に着手するときは、モチベーションは高くても、
時間が経つうちに開発意欲は幾分陰りが見えてくる。
モチベーションの低下という症状だ。

これは、同じことの繰り返し という刺激に対して、
脳が慣れてしまうからで、
脳科学的なアプローチから、モチベーションの維持
そしてソフト開発に着手することが、最も良いだろう。

つまり、刺激を変えれば良いのだ。 

モチベーションの低下より最も大事なことは、
開発するときの段階にあった自分の中にある構想力やイマジネーション。
この商品を創造する力!!

これだよ!これ。

この力 って毎日 ずーっと自分の中にあるかというと、
そうでもない。
力ってのは、ある程度 使わないと、
時間と共に衰えていく傾向がある。

だから、その当時持っていた
創造する力 が衰えれば 
良いものを作り出すということなんか
できるわけない。

さて、モチベーションの維持 で見えてくることは、
刺激を変えれば良い と話しましたよね。
ここから見えてくるものは、

場所を変えてみる というものが
一番効果があるのではないだろうか?

売れっ子の作家や漫画家になると、
1日 ホテル1室を貸し切り
そこで、自分の作品を描くために集中するとか
よく聞く話しだ。

いつもの場所ではなく、
場所を変えてみることで、
何か刺激が変わり、モチベーションや創造意欲に
変化が生まれるのだろう。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/1950-a64a8db6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック