データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












2月2日 パワースポットと水

おはようございます。 

人生において、一番大切なもの
それはパワーです。生命より大事なものかもしれません。
生命を例えるなら、グラスみたいな 容器 というイメージです。

そしてパワーを例えるなら、グラスに入れる  というイメージです。

生命は、グラスが割れてしまえば
一瞬にして脆く失ってしまうものです。
パワーは、生命に宿る 見えない力です。
生きる過程において、人は
自分のグラスにどういったを注ぐかで
グラスの色合いが変わってきてしまいます。

最初は 生まれたとき 
人は皆 無色透明なグラス で生産されます。
生きる過程の中で
色々な現実と出会い 
そこで色々なを注いでいきます。

そして最も今の自分に影響を与えるのが
今 どういうを注いでいるかです。
このが、一番 グラスの中のに影響を与えます。

身近な人も独特なを持っているので
そのに近づくことは
自分のにも影響を与えます。

年をとればとるほど
過去の注いだ水の蓄積量が大きくなるので
なかなか 人間 は変わることができないのは
このためです。

今 変化しようとを足しても
過去のの蓄積が多いので
そう簡単に変化させることは難しいです。
しかし 若ければ若いほど
過去のの蓄積が少ないので
簡単に変化させることが容易なのです。
ですから、若いうちは
できるだけ勉学に励むのが良いのです。
勉学といっても、人生で学ぶことは
無限大です。
限られた時間の中で
どれだけ圧縮して勉学に励めるかがカギです。
若いうちは、特に
生活全般の知識をどんどん吸収して
たくさんの知識を情報整理して
限りない栄光ある知恵へと発展させ
時間を極限まで圧縮した力で操る習慣術を身に付けることが急務です。

10歳 と 20歳の 勉学能力の軌道修正能力は
10歳が 100*100=10000
20歳が 50*50=2500
30歳が 37*38=1406
40歳が 25*25=625
50歳が 21*22=462
60歳が 18*19=342
70歳が 15*16=240
80歳が 12*13=156
で4倍以上違うと考えてください。
勉学能力の軌道修正能力は、
10歳あたりがピークで
40歳ぐらいまで2乗で落ちると考えた方がいいです。
それぐらい 軌道を変えるのが
年をとればとるほど 難しくなります。

つまり ベースとなる
基本勉学能力のベクトルは
年をとればとるほど
安定してくるので
若いうちに
そのベクトルの完成させておくことが
望ましいです。
そのベクトルが早い段階で
完成していれば
年をとったとき
そのベクトルを維持することに努めれば良いのです。
勉学能力の軌道を変えることは難しいことから
基本勉学能力を高いレベルで
維持することが
最も良い生活習慣です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2067-96ddd532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック