データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












2月2日 欲望の先にあるもの アンリミテッド

欲望の先にあるもの

どらもんの欲望は とんでもなく貧欲です。


人間という生物にとって
究極の無理難題は
何歳まで生きることができるかに尽きると考えています。

男性で100歳以上生きている人は
かなり極少数です。

ここまで到達するには
若いうちから できる限り
アンチエイジングに真剣に取り組まなくてはなりません。
40歳ぐらいまで、
20前半ぐらいの若さと美貌を保つ努力をしなくてはいけません。 

ここのハードルをクリアできれば
100歳も夢ではないと考えております。

なぜ人間は老化するのかを考えると
基本的に、精神機能全般の活動が
若年時より衰えるから
老化がはじまると考えます。
とにかく脳の血流量を安定させ
血管を若く保つことが大切です。
精神機能を強くしておくことは
体の老化を遅らせることにも
貢献してくれていることが分かっております。
精神機能が弱い人は
体の老化も早い傾向があると分かっております。
長生きできる身長というのもあり
男性では165~170
女性では156~161
が最も長生きできる身長です。
総合的ストレスに強いのは
省エネ傾向の人間です。
どらもんは、身長177 体重70
なので、もう少しだけ痩せるように
努力しなくてはいけません。
大柄な人はエネルギー消費が大きいので長生きできません。
なぜ小太りの人が長生きできるかというと
年をとると共に 
脳ストレスに弱くなるため
その際に、脂肪があると体の体温の保温機能を
助けてくれるからです。
年をとっても脳ストレスに強ければ
体型はたいして寿命とリンクしていません。
しかし太り気味の人は、脳の活動量が
普通の人より悪い傾向があることもわかっております。
若いうちは脳ストレスに強くなくてはいけないので
若いうちから太る必要性はなく
スリムなぐらいが、最も脳ストレスに強くなるために
必要な体型です。
スリムな方が、脳の働きが良いことがわかっております。
脳ストレスに弱い人は、できるだけ
太っていたほうが、体温保温効果で助けてくれます。
脳ストレスは、体温を奪うので
体温が下がると、あらゆる病気に対する
免疫力が下がり病気になりやすくなります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2069-d9088438
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック