データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












2月3日 夢を売る仕事

どらもんが会社を創設したら

まず、資本金が少ない ということは
大きな活動はできないでしょう。
できる限りコストが安い仕事から
着手していきます。

しかし、地道に活動を続けていく中で
少しずつ利益を拡大していけば
今までできなかった活動もできる可能性があります。

それまで、どらもんの会社では
人材育成に特化した小さい会社から
出発を目指そうと思っています。
大きな夢へと育てるには
地道な努力なしには、ありえません。

高水準な教育(人材育成の講義)を会社全体に行き渡らせる
つまり、会社の中に大学を作るイメージです。
会社の中で、人材育成の教師を育て上げ
これを武器に、どんどん活動の幅を広げようと
戦略を画策しております。
最初の1年は、全て手探りのスタートとなるので
赤字経営の可能性が高いでしょう。
5年以内に黒字経営へと転換できれば
会社は軌道にのり
より強い組織へと進化するチャンスを手に入れることができます。

どらもんの会社は どういった仕事で
お金を稼いでいこうとしているか?という質問では

夢を売る仕事 という答えになるでしょう。

人材というものを商品にして
お金を稼いで行きます。
ヒューマンコンテンツを武器に
利益を拡大し
大きな活動へ繋げていきます。

競争相手がいない産業こそ
最も 成功確率の高い 産業です。
ヒューマンコンテンツをどんどん主催して
消費者(お客)から
商品(イベントコンテンツ)を買ってもらいます。

会社の中に、情報先鋭集団と
たくさんの専門スペシャリストを作り
専門スペシャリストが究極の商品となります。

競艇・エンターテイメント・娯楽を中心に、
企業が進出していない
分野はたくさんあります。
未開拓な分野で、どれだけ
魅力的な夢を売ることができるかが
商品価値を高めることになるでしょう。

競争相手や人気が飽和している産業
ゲーム制作・歌手・アニメ制作・歯医者・公務員などは
競争が激しくて、時間を投資したとしても
回収できる可能性は難しく
投資 対 効果 の面では非効率と言えるでしょう。

一生 安泰に 飯を食っていくには
人気が集中する仕事で、たくさんの競争に勝ち残るか
または 人がやりたがらない不人気な仕事
の2点を選ぶかだと思われます。
他に 第3の選択に 人がまだやっていない仕事
という選択が残されております。

最も確実な生きる道は
不人気な仕事で なおかつ 
一定の需要が安定している仕事です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2071-dfbf5c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック