データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












2月4日 高度な面接質問


おはようございます。 

どらもんの会社では、
より優秀な頭脳を持った人材を発掘するため

面接では、高度な質問を行います。
ペーパーテストの類は行いません。
学校の教育では、紙の上での勉強を重視しておりますが

どらもんの教育では
できるだけ紙を使わず、
頭の中にイメージノートを作り出し
そこに頭の中で情報を展開して
瞬時に理解し、情報整理するという
勉強方法を重視しております。

どらもんより
口頭で30個の質問を提示しますので
質問に答える回答者は
9個目の質問の回答が終了したら
10個目の質問がはじまる前に、すぐに
10個目の質問をお願いします
と申し出てください。
回答者は質問が 現在、何個目か常に把握しながら
どんどん質問に答えなければいけませんので
頭の回転速度を問う 面接内容になっております。

学校のテストは
主にHDDがどれだけ優れているか の試験に対し
どらもんのテストは
主にCPUやメモリがどれだけ優れているか の試験です。

どらもんが定義する頭の良さは
演算処理が優れていて なおかつ HDD容量 が大きく
常に最新のアプリケーションをダウンロードできるように
頭脳を最適化している人です。
さらに、創造力に優れ 新しい価値を生み出せれば
頭が良いと言えるでしょう。

19個目の質問の回答が終了したら
20個目の質問がはじまる前に、すぐに
20個目の質問をお願いします と申し出てください。
29個目の質問の回答が終了したら
30個目の質問がはじまる前に、すぐに
30個目の質問をお願いします と申し出てください。
そして30個の質問の回答が終了したら
すぐに、これで全ての回答がおわりました と申し出てください。

途中で、注意ミスが起こった時点で
面接は 失格となります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2076-6eb5b747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック