データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












2月6日 もう少し a little

おはようございます。

どらもんは ドラゴンキラー と ゾンビキラー 
ゴールドアイア ラッキーハット 星降る腕輪 ピオリムの靴 
ホイミンのお守り メダル王のペンダント アームライオンの爪 を装備した。 



今日はとある男性の嘆き相談 のトピックを紹介します

タイトル もう限界。妻に養ってもらいたい。

既婚男性です。
今までバリバリ働いてきました。
でももう限界です。
度重なる病。
体調も崩し働ける状況にありません。
今も寝ることができません。
医者からもストップがかかっているためすぐにでも仕事をやめたいです。
しかし妻がやめさせてくれません。

今まで妻はずっと専業主婦でした。
今、私の体調が悪い時くらい働いて家計を支えても罰は当たらないですよね?
妻にはすぐにでも正社員で働いて欲しいです。
採用されるかとかの問題ではなく、職探しさえしようとしません。
私はその間に療養します。
病が治ればまた働くこともできるでしょう。
今のままでは仕事どころではありません。
全てを失うことになります。
妻も同じです。

夫婦とは支え合うものだと思います。
お互い困った時は支え合い、一生のパートナーにすべきだと考えています。
しかし妻はどうやら違うようです。
私が一方的に養うのが当たり前のようです。

私たちには子供はおりません。
妻の体の事情で生むことができません。
私はそれを知っていましたが妻に泣きつかれて結婚しました。
今では納得しています。
なのにこの始末。

夫婦なのに支え合わないのなら離婚した方がマシだと言いました。
すると妻は慰謝料がどうとか色々言い出しました。
どうせ取れないと思いますがモメる余裕さえもないです。
私の病は益々悪くなるばかりです。
どうすれば妻は私の病が治るまで養ってくれるのでしょうか?
離婚しかありませんか?
また、離婚する際は病気の私に対してかなりのモラハラやDVを行っているので、
どのくらい慰謝料が取れるかも教えて下さい。
良きアドバイスをお願いします。

お気の毒ですが、どうしょうもありませんね。
裁判の通例では、夫は妻を養わなければならないが、妻は夫を養わなくても良い、というのが常識です。
もちろん、病気でもね。
脳溢血で倒れた夫の看病がいやで勝手に離婚届出して受理された例もありますし、がんになったのがわかり、離婚を突きつけられた人もいます。
でもあなたの妻やこれらの女性が、特別な悪女というわけじゃないのです。
そもそも、女性というのはそういうふうに出来ている生き物なのですね。

いままでは、このような情報が手に入る場所がありませんでしたが、今はインターネットと言うものがあります。

男性はこのような情報を、嫌でも知ってしまったのですね。
ですから、男性たちは「これなら結婚しても仕方ない」と思うようになった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2092-c5c3cb8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック