データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












2月12日 春のワルツを奏でて ♪♪ドレミファソラシド♪♪

グッドモーニングでやんす。おいらの名前は パネロ
おはようございます。わたしの名前は タママ
おはようでんす。ぼくの名前は タルト 



何度も何度も超えられない壁にぶつかり
ぶつかる度に疲れ果てる毎日

この目の前に立ち塞がる壁を
どうしても超えたいとき

心の無限大の可能性を引き出すためのトレーニングが必要だ。

幸福とは 心が120%で動いているとき 幸せだと感じる
不幸とは 心が80%で動いているとき 不幸だと感じる

お金が 幸福 とは限らないのだ。
すでに どらもん の預金残高は
5000万円の貯金を作り出している。


そうすると、人間 欲が出てくるものだ。

今度は この預金残高を 2億円 にしてみたいと考えるようになった。

2億円で、 豪邸を 建ててみたいという願望がでてきた。

日本人が住む家は ウサギ小屋みたいに例えられる

だからこそ 百獣の王ライオン にふさわしい
敷地面積が 半端ない スケール感 の
デパートみたいな 家を建てることだ。

半端ないスケール感のため 家族や友人で

豪邸の中で かくれんぼ大会 をしたら1日中遊べてしまうだろう。


トレーニング とは 心が120%で動く生活
つまり 生き方をすることが大切である。

80%の生活とは
毎日 ただ漠然と繰り返していることだ。
これでは 心 はだんだん平坦に慣れてしまい
幸せを感じづらくなる。

120%の生活とは
毎日 繰り返しの中にも成長があることだ。
このとき 心 はだんだん変化成長を楽しむことができ
幸せを感じやすくなる。
ようするに、意識的な生活を心掛けなくてはならない。
意識的な生活を毎日続ければ
どんどん意識は広がっていき
自分の中に眠る潜在意識という世界に繋がることができる。

潜在意識 とは 自分という世界 を形づくる
基本設計書みたいなもの
この基本設計書をできるだけ
自分にとって 最高の設計書として完成させることが

新しい自分 との出会い つまり運命を変える力に変えてくれる

この基本設計書を上手く完成させない限り

自分という人間は、今までの自分に流されてしまい
今までの自分という枠で過ごすことになってしまうだろう。
つまり、これでは枠にはまってしまい
新しい自分との出会いを阻害するものになってしまうこと

だからこそ この基本設計書を
上手く書く技術を早い段階から勉強する必要がある。

今ある自分が 全てだと思ってはいけない
今ある自分は 今までの基本設計書で生かされてきた。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2131-43c54f88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック