データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












2月19日 売ることの難しさ

おはようございます。
  
どんなに 制作者側が熱意を込めて作ったとしても

それが ユーザーに伝わらなければ意味がない。


制作者 と 購入者 には
常に 大きな温度差があることを認識しないといけないだろう。
また こういった作品があるという情報が
伝わらない限り

大きな温度差 すら意味をなさないのである。

例え その情報が伝わったとしても
興味を持ってくれる人は 20%いや10%以下の可能性すらあり

購入してもらえる 段階まで
たどりつくことが どれだけ大変なことか・・


例えば ゲーム制作会社の名前を

野球中継の 巨人戦で 東京ドームのスタジアムに

広告として 看板を出したとする。

それも キャッチャーの背にある
一番 視聴者の目に 触れる可能性の高い所に
宣伝スペース権利を購入したとする。
いったい どれだけのテレビ視聴者が
この宣伝に出されている 会社の名前に
興味を持ってくれてるだろうか?

ここの広告スペース権利を購入するだけでも
相当な資金が必要であると予想され

新規参入者が手を出すのは
非常に 敷居が高い場所になるであろう。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2173-e2645398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック