データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












2月22日 ジェネレーション・ギャップ(世代間断絶)と若者文化

おはようございます。勇気と笑顔で!!ファイトファイト!! 

 ジェネレーション・ギャップ(generation gap)とは、各世代の間にある生活行動パターンの違いであり、世代間の文化様式と常識感覚の断絶(落差)のことである。子どもには子どもの文化・常識があり、若者には若者の文化・常識があり、大人には大人の文化・常識があるために、『自分とは異なる世代の価値観・流行』を理解したり共感したりすることが難しくなる。『最近の若者は礼儀作法がなっていないし辛いことに耐える根性がない』と中高年が語り、『中高年のおじさん・おばさんは思考に柔軟性がなくて時代の変化を受け容れられない』と若者が語るといった事態が典型的なジェネレーション・ギャップである。

市場経済で世代ごとに売れ筋の商品が違ったり、日常生活の中の興味関心が異なることもジェネレーション・ギャップ(世代間断絶)の現れであるが、世代間断絶の問題点は『相互理解の困難』や『異なる世代に対する敵対心・無関心』によって年齢階層による社会の内部分裂が起きやすくなるということである。

現在の日本社会の年齢階層(所属する世代)における分断は、『価値観・興味関心・文化様式に基づく世代間対立』だけではなくて『社会保障(公的年金)・既得権益の格差に基づく世代間対立』によっても促進されている面がある。即ち、少子高齢化が進む中で、現役世代の若者の『税金・保険料(年金)の負担率』が大きくなるのに、引退世代の高齢者に対する『社会保障(公的年金・介護保険)の給付』が増えていくという『社会保障の世代間格差』の問題である。

若者(現役世代)に対する増税や社会保険料負担の増加によって、『所属世代による社会保障の不公平』が大きくなっていくが、こういった社会保障の負担と給付のバランスの崩れが原因となり、『社会の世代間対立・内部分裂』が進む恐れが指摘されている。文化や流行、常識、価値観のジェネレーション・ギャップは、『同世代の相手』とだけコミュニケーションして『閉鎖的な集団』を作り上げることによって深まっていくが、ジェネレーション・ギャップを解消するためには『異なる世代の相手・自分と違う価値観や常識を持つ相手』とコミュニケーションする機会を増やして、『相手の立場・各世代の常識的視点』に立って物事を考えるという姿勢を持つことが大切である。

ジェネレーション・ギャップ(世代間断絶)というのは、『年齢階層という縦のヒエラルキー』による価値観の断絶であるが、21世紀の先進国では同世代の間でも相互理解できない価値観や文化様式が増えており、『趣味嗜好・ファッションという横のセパレーション(区別)』による価値観の断絶が起こっている。『若者文化(youth culture)』の画一性や類似性が失われており、サブカルチャーとしての若者文化はインターネットや情報技術の影響を受けて、ますます『コミュニティ・趣味嗜好の細分化・分断化』の様相を見せているのである。

同世代の若者であっても、自分とは異なる趣味嗜好やファッションセンス、価値観の相手とは容易にコミュニケーションが成り立たなくなっており、若者文化(サブカルチャー)における『系の多様化(お嬢様系・ギャル系・インテリ系・おしゃれ系・オタク系・マニュアル系・ヤンキー系・技術系・ナンパ系・音楽趣味における様々な系)』が加速している状況である。

現代の情報化社会におけるコミュニケーションの課題は、『縦のヒエラルキーの分断(ジェネレーション・ギャップ)』と『横のカテゴリーの区別(趣味嗜好の多様化)』を埋められる“共通の言語・対話可能性”を探すことである。それぞれの個人が、『自分と異なる属性・特徴を持った他者』を理解しようと努力することによって、『縦(異なる世代)の分断』と『横(同世代)の無関心』を克服できる共感的・受容的なコミュニケーションの可能性が生まれてくるのである。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2195-002a07a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック