データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












2月22日 男性の女性化

おはようございます。勇気と笑顔で!!ファイトファイト!!  

  日本の将来を考える場合、次代を担う世代が世界の若者のレベルと比べてどうかという事が気になります。その点、偏見かもしれませんが、日本の若者はどうも….と思ってしまいます。今時の若者はと嘆くのは、どの時代でも年寄りの習性かもしれませんし、偏見であってくれれば嬉しいのですが。

  私の観察によると、最近の若者は外見にこだわりすぎているように思えます。それは男女ともです。女性の事は前に何度もかきました。服装と化粧に莫大な金をかけてパラサイトしながら異性にアピールしている女性達が何と多いことかと、アメリカ女性との違いを書きました。しかし、その点では男性も大して変わらないかもしれないと思うのです。若い男性のファッションを見ていると、少女漫画に出てくる男性や宝塚の男役のような雰囲気の男性、男っぽく造ってはいるが、結局、ヘビメタやラップ系のアメリカの若者のまねをしている男性(いれずみやイヤリングだけでなくトータルで見ても)など。いずれの場合でもこれだけのコーデイネーションには随分時間と金がかかっているはずです。結局、中味より外見で勝負しているように見えます。

  これは日本の男性が女性化しているからではないでしょうか。アメリカでは以前に書きましたように、女性が男性化していて、美しくもなんともない女性が増えた事を書きました。男性と同じ土俵で競争するようになり、外見になんかに時間と金を使っていられないからです。ですから、一人当たりの所得が日米大差ないと言っても、世帯当たりでは大差があると前に書きました。妻が男性並に稼ぐからです。今のアメリカのGDPの規模もそれで成り立っています。

  一方、日本の女性は男女平等を求めて、頑張っている人はいますが、総じていえば、パラサイトしながら、外見にエネルギーとコストをかけて、かっこよくてしかも、収入の良い男性を捕まえようという事しか意識にない女性が多いと思います。これは甘やかされて育ち、生まれてから、親に大事にされ、親が何でもしてくれるので、自分の力で手に入れようと言う気概に乏しい育ち方をしたからです。ですから、成人後も親と同じように自分を庇護してくれる男性を探す必要があるのです。

  それが日本の女性像であるとすると、男性も同じような気質になってきているのかもしれません。男性の中性化です。そう言えば、日本の恋人または夫婦のセックスの回数は世界で最低レベルだそうです。トップのギリシャは年143回、最下位の日本は42回とか聞きました。これも中性化のあらわれでしょうか?男性の生殖能力が低下しているのかもしれません。少子化になるはずです。まだアメリカの若者のまねをして、男っぽい外見を演出している人の方がましかも知れませんね。外見だけでないのなら良いのですが。特に、宝塚の男役か少女漫画の男の子やアイドルのような雰囲気を造っている男性は、一部女性を惹きつけて、うまく行けば、その女性をスポンサーにするか、逆玉に乗ろうとしているのでしょうか。(平安時代にも光源氏のような男性ばかりになり、貴族社会が崩壊しましたが、今もどこか共通する部分があるような。。。)

  しかし、世の中、男も女も玉の輿に乗ろうとする人間ばかりだと、玉の輿をつくる人が居なくなってしまいます。やはり玉の輿を造るのは、金持ちの坊ちゃん、嬢ちゃんは別にすれば、逞しい男性でしょう。本来はその逞しい男性に女性が競争を挑むような社会にならなければ、今の世界の潮流にはついて行けないはずです。なぜなら欧米では完全にとは言いませんが、殆ど、男女が同じ能力を発揮して、国の経済活動や福祉活動などを支えているからです。中国でも、女性の力が相当発揮されつつあります。

  こういう世界の流れの中で女性が男性化するならともかく、男性が女性化していては、日本はとてもやっていけません。世帯当たりの所得は世界ののびから大きく遅れ、日本は豊かな国の番付から凋落していくでしょう。そうしたら、生活するのがやっとで、外見になどについやする金がなくなる事でしょう。あるいは食うものを削ってでも外見に気をつかいますかね?結局、その頃になって初めて、子供を甘やかす余裕がなくなり、親は子供に“自分の事は自分でやりなさい”というしかなくなり、自立した子供が出来出すかもしれません。そうすると、その子供は自分が生きていくのに本当に大事なものは何であるか気がついて、外見になど関心を払わなくなるかもしれません。日本は一旦、大きく凋落して、それからリバウンドが始まるのでしょう。今の日本を見ていますと、期待できるのはその程度です。

追記;若い人を侮辱するような事を書いたかもしれませんが、意の有るところを汲んでください。もっとも、こういう固いブログを読んで頂いている人達は、こういう話とは無縁のしっかりした方々だと思いますが。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2196-0a3369c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック