データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












2月25日 この道どんな道?時空の覇者

おはようございます。勇気と笑顔で!!ファイトファイト!! 

オスマントルコ  イースター島 

今日は 坂本竜馬 運命解析学 
というテーマについて講義を行いたいと思います!! 

1つ目の作品は お金を落とす男
この小説に出てくる男は、なぜか
毎日の日常の生活の中で、財布を落としたり お金を落としたり
と たくさんの不運に翻弄される男の物語です。
なぜ?ここまで彼が呪われた生活を送らなければならないのか?
彼に潜む 心の影に忍び寄る 呪いの正体は?
この後 彼は どういう不運を積み重ね
どういう生涯が待っているのか?知りたくありませんか?

2つ目の作品は 記憶を盗まれた男
この小説に出てくる男は、なぜか
毎日の日常の生活の中で、忘れ物をたくさん するのです。
この不運続きに見舞われ翻弄される男の物語です。
なぜ?ここまで彼が呪われた生活を送らなければならないのか?
彼に潜む 心の影に忍び寄る 呪いの正体は?
この後 彼は どういう不運を積み重ね
どういう生涯が待っているのか?知りたくありませんか?

3つ目の作品は 怒れる女
この小説に出てくる女は、なぜか
毎日の日常の生活の中で、怒り出すと手がつけられない のです。
この不運続きに見舞われ翻弄される女の物語です。
なぜ?ここまで彼女が呪われた生活を送らなければならないのか?
彼女に潜む 心の影に忍び寄る 呪いの正体は?
この後 彼女は どういう不運を積み重ね
どういう生涯が待っているのか?知りたくありませんか?

4つ目の作品は 呪われた女
この小説に出てくる女は、なぜか
毎日の日常の生活の中で、何か不満をためて いるのです。
その不満は、日常の生活の中で
徐々に表面として形になって現れ、
不運続きに翻弄される女の物語です。
なぜ?ここまで彼女が呪われた生活を送らなければならないのか?
彼女に潜む 心の影に忍び寄る 呪いの正体は?
この後 彼女は どういう不運を積み重ね
どういう生涯が待っているのか?知りたくありませんか?

5つ目の作品は 不思議な男 と 不思議な女
この小説に出てくる男と女は、なぜか
毎日の日常の生活の中で、色々と不思議なことが起こり出します。
2人の出会いが 何かを変えてしまうほど
見えない力が 2人を翻弄する物語です。
この後 2人は どういう生活を積み重ね
どういう生涯が待っているのか?知りたくありませんか?

6つ目の作品は 壊れた旋律 と 奇跡の音
この小説に出てくる男と女は、なぜか
毎日の日常の生活の中で、何かが崩れ始めていく物語です。
2人の出会いが全てのはじまりだった。
彼女の甘い言葉に、男の運命は翻弄されはじめる。
全ては彼女の思惑の中に隠されていた。
そして、今まで想像もしてもいないことが次々と起こりだす。
彼女の思惑が壊れた旋律を奏でたときから、しだいに
その奏でた音色が回りに波及し、
彼女に突如として、何かが襲い始める。
この後 2人は どういう運命に翻弄されていくのか?
知りたくありませんか?

7つ目の作品は 病床のそばで・・
この小説に出てくる女性は、
病院の中で生活していて、そこから色々と発展していく物語です。
彼女は病床のそばで、
この後 どういう運命に翻弄されていくのか?
知りたくありませんか?

8つ目の作品は 500円玉の奇跡
この小説に出てくる主人公は、500円玉
ある日 この500円玉 が世界を救う
という大袈裟だろう!という感じの物語です。
この500円玉 が、
人から人へ移動していく中で、
どんどん奇跡の力を貯めていき、
しだいに大きな力となり、
世界を救うという偉大な物語です。


この講義が何かに役に立つのかな?と考えたとき 

現実 という世界を どう定義するか の答えを
導く ひとつの カギ になると考えているからです。
 
現実 とは 時空の川
つまり 運命 という一つの流れの中で
存在している世界だということです。

1つの現実 を知る上で
江戸時代末期に奔走し 明治維新に一役買った男

坂本竜馬 という男に焦点をあて、
紐解いていきたいと思います。

たくさんの糸と糸が織り成す世界が
どういう運命を導いたのか
運命解析学を深める 一端の一助となってくれるかもしれません。

そして 自分 という人間は何か?
自分 という存在も 現実の一部 であるということです。

生まれてきたときから、
時空の川  の流れの中で、
自分という 現実 が出来上がっていくのです。

そして 自分という存在さえも
時空の川  の流れの中で影響を受けて1つずつ溜め込み、
今の自分を作り上げているということを認識しなくてはなりません。

そして 坂本竜馬 運命解析学 の理解を深めることで、

自分という人間の運命すらも変えてしまう力を与える可能性がある
学問だと考え、この講義を開設し発展してみたいと思います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2211-7f51b55a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック