データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












2月27日 冒険の先で得た楽園 デスタムーアの城 戦火の馬

ボンジュールです。
今日も1日 楽しんで困難なことを乗り切っていきましょう!!
ニーハオでんす。おはようでどふぁら。  

冒険の先で得た たくさんの幸運を
荷物につめて
世界を旅しよう!
いっぱい たくさんの幸運を詰めて
まわりに振りまいていこう!!!
世界を 花に変える力が
あなたには あるのだ。
 
人は 不安の中にあると 
焦りだけが膨らんで、空回りして なかなかいい仕事ができない。
一定の余裕を持っていること
つまり 未来を楽観的に捉えると
自分の中にあるパワーがどんどん輝いてきて すごくいい仕事ができる。
こういう内面的なメンタルを整えることが
一流になるためには、必要不可欠な要素である。
 
楽観的になるためには、悲観する要素 つまり
今ある現実の痛みを 真正面から受け取り、
しっかりと 現実の痛みを帳消しするために、
奮闘することが一番の近道

現実の痛みがある理由とはなんだろうか?
それは、漠然とした不安 つまり 憂い
こういう感情は、 現実の痛み を増大させる。

閉塞感のある社会は、 こういう
漠然とした不安 つまり 憂い という感情を生みやすい。
こういう感情に囚われてると、
目の前にある仕事も おろそかにしてしまい、
しっかりした成果を上げることができなくなる。

こういった感情も乗り越えて、
どうにかして前に進んでいかなければ、
いつまでたっても、現実の痛みを帳消しすることはできない。

現実の痛み を帳消しする指標を見るためには、
数字 だ。
数字こそが 現実 を教えてくれる
確かな指標になる。

例えば、自殺 という社会的な現実の痛み
この数字が年間3万人以上を毎年 推移しているのだって、
しっかりと この痛みに向き合って帳消しにできてないからだ。
もし、この数字が 4万人以上に数字が変わったら、
それこそ大問題である。
問題を看過することなく、逃げてはならないのである。

もし、しっかりとこの痛みに向き合ったのなら、
何らかの形 つまり 数字 として
成果がでてくるはずだ。
現実は、自分ではどうにもならないほど
困難なことが溢れてるけど、
しっかりと向き合っていくしかないのである。
それが、生きるということである。

生きるという原点をたどれば、
人間が狩猟時代の時は、
男が村から、旅に出て獲物を取ってきて、
村に持って帰るということで
村の人 すべてに食料が行き渡り生きることができた。

この場合、獲物をいっぱいとってくる人間の子孫をたくさん残したほうが、
村の将来の存続には、良いというのが 明快にわかる。
 
これからの この閉塞的な世界を構築している
社会 に必要な精神は、

ノブリスオブリージュの名言
地位あるものこそ 社会に対し献身的でなければならない

という言葉である。

それだけの社会的地位とパワーを持っているのなら、
しっかりと現実の痛みに向き合い、
社会に対し善良な方向に献身的でなければ、

人間 が生きていく為に必要な

希望 というパワーは生まれてこない。

希望 というパワーこそ
人間を より良い方向へ導いてくれる
最大なるパワーであると、どらもん は考えているし、
信じている。
希望とはなんだろうか?
希望すら、忘れてしまった 現代人のために、
1つの作品を紹介しよう。
この物語から、希望の意味が 少し何か わかるかもしれない。 
どらもんが考える希望の意味とは、
己の身を委ねることができる
より良い 運命を勝ち取る 1つの道である。
その物語とは、3月2日から全国公開される
映画 戦火の馬 である!!


全世界待望のスティーブン・スピルバーグ監督最新作にして、彼が運命に導かれるように創り上げた渾身の感動作が、いよいよベールを脱ぐ。

第一次大戦前夜のイギリスの農村―― 貧しい農家にひきとられた一頭の美しい馬は、ジョーイと名付けられ、この家の少年アルバートとかけがえのない絆で結ばれる。だが、開戦によってジョーイはアルバートから引き離され、英国軍の軍馬として戦場の最前線に送られてしまう。死と隣り合わせの過酷な日々の始まりは、ジョーイの驚くべき旅の始まりであり、彼がやがてめぐりあう戦時下の人間たちの、切なくも美しいドラマの始まりだった・・・。

悲劇に打ちのめされながらも希望を信じて生きようとする人間たちの姿を描き出す、壮大なる感動作『戦火の馬』。戦火を生き抜くジョーイという一頭の美しい馬との出会いと別れを通して、彼らひとりひとりのドラマが鮮やかに浮かび上がる。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2225-a9159124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック