データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












2月27日 拝啓この手紙

グッドモーニングでやんす。ありったけの元気で今日を生きろ!! 

高知競馬で国内最多出走記録更新

 高知競馬で、デビューから12年目の13歳の競走馬が、11日夜、301戦目のレースに出走し、国内の最多出走記録を打ち立てました。

 高知市の高知競馬の競走馬「セニョールベスト」は、デビューから12年目で、競走馬としては高齢の13歳です。
人間で言えば60歳ほどですが、これまでに通算32勝を挙げ、今も現役で走り続けています。
「セニョールベスト」は、11日夜、行われた高知競馬のナイター競馬で、301戦目のレースに出走し、同じ高知競馬の「ダイナブロス」が持っていた300戦の記録を抜いて国内の最多出走記録を打ち立てました。
レースは中盤から若い馬が追い上げ、11頭中8着となりましたが、記録がかかったレースだけに、熱心なファンが盛んに声援を送っていました。
応援に訪れた女性ファンは、「元気に走っていたので安心しました。これからも走り続けてほしい」と話していました。
宗石大調教師は、「記録を達成できて素直にうれしい。脚が丈夫なのでまだまだ記録を伸ばしたいが、競走馬なので勝たせてやりたい」と話していました。


天国のお父ちゃんへ 兵庫県 吉田 紀子 様(24歳)

 お父ちゃんが脳梗塞(のうこうそく)で意識不明になってから、どうなったと思う?
家出して二年間行方不明になってた兄ちゃんが、誰よりも早く集中治療室に
駆けつけてたんやで。私もお母ちゃんもホンマにびっくりした。

 お父ちゃんが亡くなる二年前、兄ちゃんは高校を退学になった。
家で反抗的な態度をとり、家中が大ゲンカになったあの日、
お父ちゃんは兄ちゃんを殴りつけて「出て行け!」と言うてしもたやろ。
兄ちゃんは何も持たずにそのまま出て行った。
私もお母ちゃんも、 すぐに帰ってくると思ったのに全然連絡が無いし、
「あの日」以来二年間我家から笑顔が消えた。
お父ちゃんは、「お前はわしの跡取り(あととり)息子やからなー」と、
小さい頃から可愛がって大事に育ててきたのに、
心配しすぎて髪が真白になってしもたね。
家出後兄ちゃんは、家から遠くない工場に住み込みで働いてたんやて。
でも家族のことが気になるし、米屋のおじさんにお願いして
うちの様子を二年間伝えてもらってたらしい。
バイクで家の前を何回も通り、お父ちゃんの姿を見つけては泣いていたなんて、
なんでもっと早く「お父ちゃん、ごめん」と言わへんかったんやろ。

 いつものように米屋のおじさんがうちに来た時、
お父ちゃんが倒れてるのを見つけて救急車を呼び、兄ちゃんに連絡してくれた。
病院で兄ちゃんは、二年前あんなに殴られたお父ちゃんの拳(こぶし)を
両手で包んで「神様、 俺の命を父ちゃんにあげて下さい! 死なんといて……」
と拝み続けた。
お父ちゃん聞こえてたか?
告別式の段取りを決める時兄ちゃんは「俺が喪主をやる」と静かに言った。
急いで茶髪を黒に染め直し、礼服に袖(そで)を通した時
「いやぁ、若い時のお父ちゃんそっくりや!」二年ぶりにお母ちゃんが笑ったよ。
出棺の時、兄ちゃんの挨拶があまりに立派で、私は涙が引っ込んでしもた。
会葬してくれた米屋のおじさんが一番大泣きしてたで。

 今、兄ちゃんは一家の大黒柱となって仕事を頑張ってる。
お父ちゃんが理想だった「家族円満」で暮らしてるから安心してや。


全世で一番大好き 森田 欣也 様(47歳)

 母さん、そちらでの暮しはどうですか。どうですかって聞くのもちょっと変かな。
いつも見守っていてくれてありがとう。
いつもつまらない愚痴を聞いてくれてありがとう。
心を支えていてくれて本当にありがとう。

 早いもので、僕が首の骨を折り、全身マヒの障がいを負って三十年。
母さんが天国へ行って二十七年、すっかりおじさんになったけれど、
きれいな体形は保っているよ。

 でもあの日、薄暗い病室で母さんが、目をまっ赤に腫らしながら、
感覚もなく動かなくなった僕の手をしっかり握りしめてくれながら、
生きていてくれてありがとうと、僕の涙を何度も何度もぬぐってくれたこと、
今でもはっきりとおぼえているよ。

 そして母さんは、自分の命を削るように、また絶対に動けるようになるから、
その時に関節がかたくなってたり、変形していたらいけないからと、
毎日、午前二時間、午後三時間、手足のすべての関節を動かしてくれた。
床ずれが出来ないようにと、倍以上もある僕の体を腰をさすりながら、
夜中でも二時間ごとに向きを変えてくれた。食事の介助、
下の世話など二十四時間介護をしてくれた。

 だんだんと小さくなっていく母さんに気づかず、
自由にならない体のイラ立ちを全部ぶつけてしまった。何十回も口ゲンカをした。
グラジオラスの花が好きなことをはじめて知った。
父さんとかけ落ちした話を照れくさそうに話してくれた。
強くてとてもやさしい母さんだったのに、ごめんね僕のせいで……。

 でも百万回ごめんと言うより、一日でも長く、笑顔で元気で生きていることが、
今の僕に出来る唯一の親孝行だと信じて、
母さんが残してくれた力を心の支えにあの日から頑張っています。

 だから今はまだ会いには行けません。
何年か後、何十年か後に会った時には、
おじいさんとなった僕とデートして下さいね。
母さんありがとう。そして全世で一番大好きです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2226-6bceab81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック