データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












3月4日 チーズマーケット

おはようございます。勇気と笑顔で!!ファイトファイト!!
勇気 栄光 勝利 富 努力  強さ 友愛 正直 笑顔
永遠 美 輝き 誓い 希望 純潔 純白 情熱 思いやり

チーズマーケットを創めてからというもの、チーズ、オリーブオイルなどの自然食品を扱うようになり、今まで知らなかった事が次々と分かってきて、発見と驚きの連続でした。本来の食品の姿を知り、いかに日本で流通している加工食品が劣悪なものかなど、食品を取り巻く環境や農業政策の違いなども見えてきました。そして、私自身の食生活が向上したと申しますか、別の次元になった気がします。今、この仕事を創めて本当に良かったと思っています。これまで、チーズマーケットでは、チーズやオリーブオイルなどの商品に関する解説はもちろんのこと、一体どのような視点に立てば、良質な食品を選ぶ事ができるかなどについて、ホームページ上で公開して参りました。しかし、海外へ行く度に、また行く回数が増える度に、「どうして日本人とヨーロッパ各国の人々とは、こんなにも顔つきが違うのか? どうして彼らより経済大国の日本人なのに、幸せそうに歩いてないのか?」という大きな疑問が沸いてきました。その原因について、私はこれまでに何度も自問自答してきました。今回お話する内容は、これまで40回以上にわたるヨーロッパ渡航経験で、いろいろな国の人々と実生活の話をして来たことから得られた一つの結論です。何かの考えるきっかけになれば幸いです。

私の結論、それは「日本人の大人には、自由な時間が余りにも少ない。」ということです。・・・これが日本人が幸せそうに見えない根本的かつ最大の理由です。(注;大人の中でも主として男性です。)そうです、お金があっても自由になる時間が無いので、少ない時間の中でいろいろなことをしなければならないので、何かに焦っているような人がほとんどなのです。時間に余裕が無ければ、自分で確かめることも、考えることも無く、自分の意見や考えを持てなくなります。「自分の意見が無い人が多い。」これはとても恐ろしいことだと思います。日頃から考える習慣が無い人は、他人のうわさ話し・流行の話し・そして何といいましてもTVなどのマスコミの影響を強く受けやすい頭になってしまいます。諸悪の根源は、「日本人は働きすぎ。」ということです。何事も度が過ぎれば、弊害が多くなるのは世の常です。とはいっても、家族の為に仕方なく長時間働いている方がほとんどだと思います。つまり、ひどい労働条件でも働かざるを得ない厳しい社会の日本という社会体制が問題なのだと思います。今、こうして自分が雇われ人から自営する立場に変わって、いろいろなことが見えてきました。公立中学校の教員時代には、全く気が付かなかったことです。それは、「日本という国は、本当に雇われている立場にある労働者には、とてもきびしい国。」ということです。逆に言えば、雇用者(資本家)にとっては、これほど都合のいい国はないということです。一方フランスでは、労働に関して職種や性別による待遇の差は余りありません。つまり、どんな仕事に就いていても休暇日数や賃金が大きく変わることはないようです。誰がどんな仕事を選んでも、賃金や福利厚生の差が大きくならない様に法整備が進んでいるのです。しかし、日本では職種により給与や休暇日数に大きな差があります。また、一部の大手企業や公務員はそこそこの労働条件ですが、その他は厳しい条件の中で働いています。私は今43歳。これまで、10代、20代、30代とよく働いてきました。正確には、自分の為というよりは、会社や国民のために?(教員だった頃)働いてきました。でも、これからは言いたいことを言わなくては、いけないと思いました。この国はジーさんばかりが権力を握って好き勝手なことをやっているので、私の声は誠に小さな声ではありますが、皆さんよりも海外の事情を知り得た者として、お伝えしなければならない時だと感じています。

旅を重ねる度に、「まとまった時間を持てないことが日本人の最大の弱点。」だと私は気付きました。それは今では確信に近いです。日本には、お金持ちはたくさんいます。地主や弁護士、実業家。芸能人や医者や大手企業の役員などなど。成功した人はたくさんいらっしゃいます。しかーし、こうしたお金持ちの人たちでさえ、お金と同時に多くの自由な時間が持てる人は、極極僅かです。その一例として、私は毎日運転をしていて気が付く事があります。お金に余裕のある人の中には、外車や高価な大型車に乗っている人もいますが、単に「お金があって物も持っている。」・・・、だたそれだけの事で時間は持っていないのです。でかい乗用車ほど道を譲りません。とても先を急ぐようなゆとりの無い人が多い気がします。お金があるだけで、時間に余裕がないのでそういう行動になるのです。何をそんなに焦っているのでしょうか? どうぜ100m先の信号で止まる事になるのに・・・。お金持ちになっても、そのお金を使い切れるだけのたくさんの自由な時間が持てないのです。旅に行く時間がないので、値の張るブランド物をいくつも買い漁ったり、何十万円もするシャトーワインを日本で買って飲んで満足するしかないのです。つまり、日本では大手大企業の社長ですら、余り休めない社会構造なのです。重い責任ばかり負わされて、・・・自由時間はないのです。これが日本という国の実情なのです。そして会社ばかりが儲かり、個人には負担が大きい。会社で儲けた金は一体何処へいくのでしょうか? でも、一生あきらめたままでいいのでしょうか?  
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2243-e8223372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック