データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












3月18日 ドラゴンクエストの偉大性

おはようございます。今日も1日 アイアムレジェンド!!

2013年 3月 18日 の どらもんの運勢

運勢傾向(通変星) 72点/100点
ラッキーカラー オレンジ
ラッキーナンバー 34
ラッキー方位 北

今日のあなたの運勢傾向を表す星は、「正官」という、正義・常識・堅実を意味する星です。この星の力の影響で、今日のあなたは新たな交友関係に恵まれるでしょう。身近な人間と積極的にかかわってみると、相手の意外な長所を発見して、飲み仲間になれそうです。ただ今日のあなたは、あまりにも頑なに物事を考えがち。そのため「冗談が通じない人」という印象を与え、せっかくできた友人にも避けられてしまう恐れがあります。

運勢エネルギー(十二運星)

今日の運勢エネルギーを表すのは、「衰」という、満足・慎重を意味する星です。人間の一生に例えると、<人生の頂点から一歩退き、守りの態勢にはいったイメージ>になります。今日は、運勢としては決して悪いわけではないのですが、一歩引き下がった姿勢を取ると良い一日。思っても即行動! というより、少し慎重になった方が吉。かといってガードが堅すぎるとせっかくのチャンスも手のなかからすり抜けていってしまいます。バランス感覚を大切に。

運勢バイオリズム(天中殺)

今日は、運気が衰退していますから、あまりぱっとしない一日となりそうです。ラッキーなできごとなどはないでしょう。逆に恋愛に関しては、強力なライバルが出現しそうです。ひるまずに、張り合うくらいの心構えでいた方が良いでしょう。
 

今日のあなたの基本運は小吉。あなたの中の優先順位を決めるとよい日です。選択の幅があって迷うことが多いかもしれないけれど、まずひとつのことにじっくりと取り組むと、その次が見えてくるでしょう。あれよこれよと目移りしていると失敗する恐れがあります。また、自分で決められない場合は、仲のよい上司や、年配の人に相談するとよいかもしれません。ひとりでゆっくりとあなたの心の内面を見つめるのもいいでしょう。

今日のあなたの恋愛運は凶。友だちの恋人から告白をされて大切な友だちを失ってしまいそうです。あなた自身が自己主張を心掛けることで運気は上昇して行くはずです。人を傷つけないようにとあいまいな態度を取っていると、しわ寄せが回ってくることでしょう。特に、恋人のいるあなたは、その関係さえも危機にさらされる結果を招きかねません。ここは冷たいようでも、誰を傷つけようともハッキリと自分の気持ちを伝える勇気が必要となります。

今日のあなたのギャンブル運は大吉。今日のラッキーナンバーは0と4の組み合わせ。ラッキーカラーは、赤です。今日は、例えば競馬であれば第一レースから賭けて行くのではなく、ある程度勝負の行方を見守ってから本格的に賭けて行くやり方が良さそうです。自分自身がインスピレーションを感じられる情報筋から仕入れた情報に運があります。また、今日の教訓としては「ツキがなくなってきたかな? と感じたら早々に手を引くこと」です。

今日のあなたの仕事運は吉。しっかりとした目的を持って取り組くむとよい一日です。行き当たりばったりではなく、きちんと考えて打ち込むと成功するでしょう。転職を考えてる人やアルバイトをさがしている人は、自分が何をしたいのかをよく考えて、職種を選ぶようにしてください。目先の派手さや流行を追ってはいけません。趣味と実益を兼ねて選ぶようにしましょう。また、社会的に意義のある職種をさがすとよいかもしれません。




ライター堀井雄二はいかにしてゲームクリエイター堀井雄二になったのか?
 Twitterで、「専門学校のゲーム科の新入生に聞いてみたところ、堀井雄二の名を知ってる生徒がゼロだった」というツイートがちょっとした話題になっていた(まとめはここ)。

 堀井雄二がどんな人物かについては、5年ほど前に『ウラBUBKA』というサブカル雑誌のドラクエ特集号ですこし書いたことがある。調べてみたら、ドラクエ以前に、雑誌ライターの仕事で家を建てたというすごい経歴の持ち主だったと知っておどろいたことを思い出す。

 そんなわけで、せっかくの機会なので、くだんの原稿をここに再掲載しておきます。

  ■

●ライター稼業で家を建てた男

 『ドラゴンクエスト』の生みの親である堀井雄二がもともとフリーライターだったことは、ファンにはよく知られた話だろう。『ドラクエ』に出てくる短いながらも、機知に富んだセリフの数々は、やはり彼がライターだったからこそ生み出せたのだと評価する向きも多い。彼自身、セリフだけで物語を進めるという方法をテレビゲームの世界に導入したという自負は大いに持っており、それが誰よりも先にできたのは、《あの当時、ゲームを作ってるのはみんなコンピュータ方面からからやってきたひとたちで、文章に関しては素人だったから。でもぼくはプロのライターだったんで、その点で勝てるのは、当たり前だったのかもしれない》と『CONTINUE』Vol.1(太田出版、2001年)のインタビューで語っている。

 堀井がライターとなる発端は、早稲田大学在学中の漫画研究会時代にさかのぼる。当初はマンガ家志望だった彼だが、大学2年の時に、KKベストセラーズの依頼で早大漫研の話を仲間とともに書いた本が6万部ほど売れたことから、文章を書くことの面白さを知る。その後も、漫研の仲間とは「冒険グループ」「うさぎ屋トライアングル」という名前で、それぞれ『いたずら魔』(KKベストセラーズ、1975年。同書は約20万部売れたという)と『いじわる特許許可局』(日本文芸社、1976年)という本を立て続けに出し、個人的にも文筆活動を始める。NET(現テレビ朝日)の『いたずらカメラだ!大成功』というテレビ番組でアイディアやギャグを考えたりする仕事をしていたのも、この時期のことだ。

 しかしそこへ思わぬ事態が起こる。大学4年の終わりに『漫画サンデー』の原稿取りのバイトでバイクを運転中に転倒し、大けがを負ったのだ。この大事故で、彼は一年間休学、淡路島の実家で療養生活を送る。堀井はこの事故について後年、《おかげで、テレビの仕事はパー。あの事故がなかったら、今ごろは放送作家やってたんじゃないかなあ》と振り返っているが(『週刊朝日』1990年2月23日号)、結局これが、彼がライター稼業を生業とする1つの契機となった。というのも1年後、堀井が大学5年に復学する頃には、仕送りも途絶え、自分で稼がねばならなかったからだ。

 うまい具合に同級生たちは順当に大学を卒業し出版社などに就職しており、そのツテもあって、事故前よりも彼の書く場所はグンと増えた。この時期の仕事は実に多岐に渡り、例えば集英社の少女雑誌『週刊セブンティーン』で芸能記事や「男の子に好かれる方法」などといった企画記事を書いたり、白夜書房のポルノ映画誌『月刊zoom-up』では「近未来七色入門講座」という連載エッセイを書いたりもしている。また『月刊OUT』(みのり書房)では、1979年に「はしらマラソン」という1行ネタ欄を執筆したのを皮切りに、「官報」「OUTジャーナル」、そして同誌の最長寿連載となった「ゆう坊のでたとこまかせ」と読者投稿欄を継続して担当する。

 こうして売れっ子ライターとなり、時には1日に3本の締め切りを抱え、月収も50万~100万円はあったという堀井は、このころ結婚し、26歳にして都内に一戸建てを購入した。家を借りるのにさえ苦労しているフリーライターが多い中で、ライターとしての稼ぎだけで家を建ててしまった堀井雄二は本当に稀有な例だろう。

●マンガ原作への興味からPCに接近

 さらに同じ時期には、堀井はマンガ原作にも興味を持ち、「小池一夫劇画村塾」に入塾している。ここで彼は《キャラクターを起てるコツを学んだ》という(『エコノミスト』2001年3月20日号)。実は『ドラゴンクエスト』というタイトルもまた、小池の「濁音は強烈に印象に残るから、ダ行のタイトルはヒットする」という教えにヒントを得て、まず「ドラゴン」とつけ、それに聞きなれない引っ掛かりのある言葉として「クエスト」を付け加えたものなのだ。一方で堀井は本田一景というペンネームで、『探偵桃語』(三山のぼる画、1986年)など実際にマンガ原作も手がけている。

 こうしたマンガ原作への興味は、彼の目をパソコンへ向けさせることにもなる。ハーレクインロマンスの小説がコンピュータで書かれていると知り、パソコンでマンガ原作を書こうと思った堀井は、1981年に発売されたNECのPC-6001というパソコンを、担当していた雑誌の投稿欄への膨大な投稿を管理するという名目で購入した。しかし買って3日ほどで仕事には使えそうもないことがわかり、仕方なくゲームを始めたところ、すっかりハマッてしまう。

 『少年ジャンプ』の編集者だった鳥嶋和彦と堀井が出会ったのは、ちょうどそんな時期のことだ。やがて同誌でもライターとして仕事を始めた堀井について、鳥嶋は《抜群に優秀》《原稿は完璧で、直しを入れる必要がまったくありませんでした。ただ、原稿が遅い(笑)。書くのに時間がかかるというか、なかなか仕事を始めないんですよ、遊んでいて》とのちに評している(『Big tomorrow』1999年11月号)。

 それから間もなくして、ゲームソフトの企画制作に乗り出したばかりだったエニックスが、第一回ゲームホビープログラム・コンテスト(1982年)を開いた。『ジャンプ』でこのコンテストを取材し記事をまとめることになった堀井は、自らもパソコンでつくったばかりだったテニスゲーム『ラブマッチテニス』を応募し、これが見事に佳作入選を果たしてしまう。

 ゲーム作家としてデビューしてからも堀井はライターを続け、当時『ジャンプ』の独擅場だったファミコン特集などを手がけた。だが、それもファミコンの専門誌の登場によって方向転換を余儀なくされる。そこで鳥嶋は、自前でゲームをつくり、その制作過程を随時誌面で紹介していくという企画を打ち出してきた。そのゲームこそ、『ドラクエ』だったというわけだが、その記事もまた堀井自身によって書かれることになる。ゲーム作家としての彼の仕事は、この時にいたるまでライター業と分かちがたく結びついていたのだ。

●堀井少年とゲーム作家・堀井とのあいだに

 堀井は少年時代から、何かを仕掛けて人を驚かしては、その反応を見るのが大好きないたずらっ子だったという。その精神は、『ドラクエ』をはじめ彼のゲームにも随所に現れているが、実はライター時代よりその片鱗はあった。たとえば……

 電話をかけた先が、あいにくと留守番電話だった場合、こんな手を使ってみよう。

 「こちらは○×警察署の者です。お帰りになりましたら、ただちに署まで出頭してください」

 (『いじわる特許許可局』)

 鉄人28号をいじめる。正太郎からリモコンボックスをうばい、鉄人にシェーをやらせる。アホの鉄人は正義のためだとシェ――。

 (『OUT』1979年8月号)

 彼のライター時代とは、そんないたずらっ子だった堀井少年と、ゲーム作家・堀井雄二とをつなぐ、いわば鎖のようなものなのではないだろうか。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2284-d3cfce7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック