データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












11月4日 リンガイア城どらもんに栄光あれ 黒魔道士の秘宝

田舎町に広がる田園を眺め

君は どう思うだろう?

上を見上げれば ゆっくりと流れる雲と青空


僕の心 も あのように澄みきった空に憧れ

声を震わせ 光の矢を放った


流星が飛来したかのような強い光が差し込んできた

雲の陰に隠れていた 太陽が

僕を強く睨み付けてくる 


僕の心に光の矢を放つように

闇が光の庭の前であらわになるとき

草原には未だかつて見たこともない

輝きが溢れかえり


残酷なほどの強い風が僕に襲い掛かる

倒れこむかのように

闇に沈んだ心に


遠くから騎馬隊の足音が聞こえてくる

地響きを伝えるかのように

沈んだ心に息吹きを与える


世界が変わる音がした


僕は生きている


この草原の先には

まだ見たこともない リンガイア城が待っている


黒魔道士の秘宝を勝ち取るために

騎士のパレードに参加しなくてならない


黒魔道士の秘宝は。太陽の光が届かない

深遠な洞窟の底にあると聞く


その力に魅入られて

たくさんの冒険者たちが足を運んだが


未だ生還した者はいないと聞く


どんな恐ろしい魔界が広がっているのだろうか?


そんな洞窟の前には

ならず者の街が広がっている

憎悪や絶望や貧困 たくさんの負の感情を貯めた者たちが

命を守るために お互いに支えあう最後の砦の町だと聞く


その街のどこかに 黒魔道士の秘法を手にするために

必要な 光のスコップ という伝説の武器があるらしい


光のスコップ とは何なのか?

まさか、土を掘って

黒魔道士の秘法 を手に入れなければならないのだろうか?


謎は深まるばかりだが

僕は足を この草原の先にある リンガイア城に向けた

リンガイア城から30キロ離れた地点には

モノポリー港という とても漁業が盛んな港があるようだ。


そして、その港から はるか遠い異国の地では、

サッカーというスポーツが流行しているらしい。


どうやら、ボールを蹴って遊ぶゲームであり

スポーツを文化の中心に据えた

フォルセナ城という王国があるようだ。


リンガイア城とは、中立の立場を守っていて、

騎士道を重んじ、忠義深い王国であり、

いまだかつて、侵略されたことがない

鉄の王国という異名を持っている。


そして、はるか南 遠くには、

マグローム城という南海の大陸王国があると聞く。

この国の素性はわかっていないのだが、

とてつもなく強大な武力を持っており、

虎視眈々と フォルセナ城 侵略を企てているという

黒い噂を耳にした。

いったい マグローム城 とは何を考えているのだろうか?


話を戻して、

黒魔道士の秘法 が眠っているとされる洞窟は、

リンガイア城から北西1000キロも離れた

寒い極寒の地というほどでもないが、

冬になると、湖面が凍るほどの 気温0度まで下がるようだ。

夏場でも、気温20度前後の場所だ。

そんな場所に、ならず者 の街は 存在していて、

どんな街なのかは、ひと目みなければ わからない。


と、おぼろげに夢を見ながら、

どらもんは昼寝から目覚めた。

明日は、ゲームライター編集室に20名の新鋭ライターが

持ちネタを持参し会議室が行われ、

お互いの作品に意見をいいながら、イチャモンをつけていく。

鬼の編集長から、お前の書く ネタはつまらん

と罵倒される 悪夢が思い浮かんでくるようだ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2335-3a1fbe87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック