データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












11月5日 七色に光る君の 最強の切り札

悪魔のいけにえに差し出したのは

君が持っている かけがえのない命と時間

僕は今 マクドナルドでポテトを食べている。
21世紀の日本 とても 便利な世の中に
僕は漂流している。
便利になればなるほどに、どんどん退屈が生まれてくる。
いかに、この退屈を埋め合わせていくのか?

マクドナルドのフロントガラスの外から見える眺めは、
いつもと変わらず、経済成長のシンボル 自動車。
これでもかと石油を垂れ流しに消費し続けながら、
我は自動車を操縦する人類なり という
愚かな姿で走り続けている。

そこから、排出される排気ガスがオゾンを破壊し、
日本という気候にまで影響を与えてしまった。

先日、この自動車に轢かれてなくなった猫の話を聞いた。
猫は、うずくまるように寝ていたが、
自動車が走る音が聞こえてから、道路に飛び出したというのだ。
運悪く渡りきる前に、ボンという大きな音を立て
体当たりしたような音が響き、猫は即死した。
猫のご冥福を願う


人類は、どこまで科学と資本主義の成長という幻に
とりつかれながら、走り続けるのだろうか?

愚かな走りが環境を壊し、自分たちが置かれている
環境・気候という足元さえ脅かしている。

そのツケは、必ずどこかで
しっぺ返しとなって人類への重大な問題として突きつける。
問題が大きくなってからでは、
なかなか解決は困難なのだ。

そんな時に、マクドナルドの窓の向こうに、
騎馬隊が走り抜ける姿が見えた。
いくつもの馬が連なって走り抜ける足音には、
僕に元気を与える希望の音に聞こえた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2336-884a7fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック