データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












12月9日 農業と少子化について考える

ボンジョールノ

日本の農業について考える

若者の農業就業が悪いので、将来の日本の農業はどうなるのだろうか?
そこで、農地を国が買収し
農家公務員として 国が 農業を運営したらどうだろうか?

農業のプロが、農家公務員を育成し
国 規模で 大きな農地を運営することで
日本の食料自給率向上に繋がる。

農家公務員は 給料が保証されているため
安定した労働者の確保が見込める。
 
最終的には 民営化して
ジャパンフードマニュファクチュアという企業
略して JFM という会社が
農地を 管理して生産し 競争力をつける。
労働者は 会社の管轄している広大な農地に派遣され
担当の部署で、何年も 生産としての
労働活動を続けなければならない。
そのため、会社の寮で生活することも多々ある。

こういった活動は 結果的に
野菜・果物などの食料品を
質が良くて、価格が安い物を消費者に提供できるようになるので
歓迎すべき 活動である。

販売活動は、オークション形式で行い
生産した食料品を 高値で買い取ってくれる
販売ルートに 優先的に売ることで
会社も 儲けることが可能になる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2410-bdd7156f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック