データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












12月30日 けじめをつける

おはようございます。 
今日は12月30日
有料競艇予想配信開始まで 343日 となりました。

うほっほ~い どらもんは毎日ミラクル元気だぜ!
なぜ?元気かというと
自分の好きなことをとことん頑張っているからです。
人間 好きなことして遊んだり 好きなことを勉強してるときが
一番元気になれる時間なんですね。

毎日 ローヤルゼリー と 皇潤 と セサミンEプラス と マカ と
にんにく卵黄 と メタバリア と チョコレート と 青汁 と
コーヒー と キムチ と 納豆 などの健康食品
を食べておりますので ミラクルパワーで元気だぞい!
そして食卓には
秋の味覚 どらもん畑で栽培されている
柿 や みかん や キュウイ が大量に収穫できるため
毎日 無料で食べることができます。
そして そして 毎日 
温泉 と マッサージ を続けておりますので
スーパー健康体なのです。
毎日 どらもんは 1日お風呂は3回
入っております。
檜のお風呂に入りたいですな~。
お風呂だけでは飽きるので
ゲルマニウム温浴 や サウナ といった
スパイシーな温浴もよかですばい。

さてさて まじめな話になりまして
有料競艇予想について再開する見通しがまだ立っておりません。
いつまでも こんなことを続けて
一向に 有料配信開始 の気配がないのも
ちょっとだけ問題ではあるかと思います。
しかし、どらもんという人間特性上
しっかり これはヤルと決めたものは
とことんハマり込むぐらい頑張る素質を
子供の時 しっかり養っているはずなので
童心を忘れず童心のように
物事に一生懸命になることが大切だなと思っております。

どらもんの子供時代を思い出すと
何か1つのことに夢中になると
3食の飯なんか すっぽらかして
1つのことに とことん夢中になっていましたね。
人間が何かに夢中になってる時は、
すごい元気なパワーを培ってる時間でもあったと感じてます。
おかげで子供時代は、飯より遊ぶことに夢中なので
体がガリガリで やばかったですね。
しかし、大人になるにつれ食事の時間も
楽しみたいという意欲がでてきて
自分で美味しい料理を作っております。
おかげさまで、体重は70キロと
ガリガリから標準な体になりました。

その人間の大切な素質を養う期間が
実は5歳~12歳ぐらいで
かなり決まるというデータがあるため
この5歳~12歳の期間に
その人間が何に力を入れたかが、
その人間の素質にだいぶ影響を与えるということです。

この大事な期間は、めいいっぱい
色々なことにチャレンジして遊ぶことが
その人が大人になった時に、
役立つことを学ぶ貴重な時間みたいです。

この期間は、
どらもんは、海や山やプールや温泉といった
アウトドアな自然体験をたくさん体験してきました。
インドアでは、人形をたくさん集めて
自分で創作した人形劇を 妹と遊んでおりました。
人形劇は、即席のストーリーながらも
毎日 連続性のある人形劇なので、
この人形遊びが、頭を良くすることに
すごくいい時間だったと感じています。

子供時代は天才的な創造力を発揮するので、
その能力が今のどらもんにも
少しは影響として残っていて欲しいものです。

小説家になるには、
独創性のある物語で読者を惹き付けることが重要です。
物語のテーマは身近なものから作ると、
どんどん色々な物語を作ることができます。
例えば、ヤフーオークションの転売師が主人公の小説とか
いかにも現実にいそうな人間を主人公にすることで、
読者はどんどん物語りに惹き込まれて行きます。
他にも物語を作るとしたら、
町で営む飲食店の店長が主人公となる物語とかです。
読者がこういう物語を読むことで、
自分も飲食店の経営者になってみたいとか
将来象を描く上でも何らかのヒントを与えることが
物語にはできるという、そういう力があると考えています。
物語といっても、そこから何かを学んで
人生で生かせる可能性があれば、それはそれで価値のあるものなのです。

ドラゴンボールという物語からは何を学ぶのでしょうか?
という疑問点に、どらもん独自にお答えしていきます。

ドラゴンボールという物語は
単純明快なストーリーです。
主人公 孫悟空 というサイヤ人の子供が
地球に送り込まれ、そこで
7つのドラゴンボールを集めるという
アドベンチャーワールドです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2438-52f59ad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック