データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












10月5日 今ある自分という奇跡

おはようございます。今日は5月24日です。  
有料競艇予想配信開始まで 312日 となりました。 
競艇予想ソフト発売開始まで 1773日 となりました。 
どらもんの預金口座が 2025万円 となりました。

今日は 落ち込んでるとき の対処法について
お話したいと思います。
人は、人生を歩む中で油断したときから
ちょっとずつちょっとずつ影から魔が忍び寄り
踏み外して不運に見舞われてしまうことがあります。

この人生という世界は、全て
相対的である ということ
因果応報 という理論で成り立ってると感じています。
人間が好き勝手な経済活動をすれば
地球温暖化などたくさんの諸問題を生み出し
のちのちの未来に弊害を生んでしまうことになります。
人間も今を生かされているということを認識し
まわりに気を遣い また環境にも配慮することが
のちのちの未来を良くすることに繋がります。

因果応報 という理論 を説明すると
人も 因果応報 が証明される世界です。
その人がどういう意識で、相手に接してきたかという軌道が
相手に対して少なからず影響を与えてしまいます。
自分の心無い意識が、まわりに波及して
まわりや環境にも歪みや弊害を生み出してしまいます。

例えばの話で、家族を舞台にすると
家族間でのやり取りが多いほうが、家族全体が活性化して
その一部となる家族の一員が
人生の中で事故や災難に遭遇する確率を下げることに繋がります。
変な話、自分が意識的に家の中で
笑ってるだけで、
他の家族の一員に幸運を分けてあげることができ
不運に見舞われる確率を下げると考えています。

どらもんは、自分の生命線となる
家族に、最近どんどん投資することにしました。
母親は家事が下手だったり、仕事ぶりは3流そのものなので
できるだけ、どらもんが率先して
家事に加わってみて、母に良い変化がないか
期待しているところです。
母がどこまで成長できるかは
結局、どらもんの成長がどこまで著しく
母に伝わるかだと考えているので、
色々と 家事に関する知識をアドバイスしております。

母は2回自動車事故を起こし、妹は1度だけ怪我をしたり
また幼少のとき重い病気で入院しており
どらもんの家族は、やや不運体質が溜まっているなと感じております。
そして、さらに先祖へと登って行くと
不運体質の先祖がいるので
その中でも、どらもんは幼少の時から
ある意味で、ピンチを乗り越えてきました。
母の先祖は、不運体質がすごいので
母は成人したとき重い病気にかかりました。
しかし、すごい努力家で手相が2重生命線で
苦難を乗り越えてきました。

たくさんの不運を体験してきたからこそ
なぜ人が不幸になるのか、だんだんわかってきました。
しっかりと先祖のツケを
自分の代で返済することが
自分の先祖に対する最高の奉仕だと考えています。

例えばの話で、ライオンさんやオオカミさんが
いっぱい草食動物を食べてしまったら
大変なことになってしまいます。
なぜかというと、ライオンやオオカミだけがどんどん増えてしまい
自分が生きるための獲物となる
草食動物がどんどん少なくなってしまい、
結局 未来のライオンとオオカミは
滅ぶ運命をたどってしまうからです。
ですから、因果応報という理論で説明すると
共存共栄した方が、
ライオンさんやオオカミさんの未来も
一安心できる可能性が高いということです。
これを人間の世界にも持ってくると
強者となる人間は、結局
下で働いている人間の労働なしでは
生きていけないということ。
だから、どこかで強者となる人間は
弱者に対して譲歩して
共存共栄を選んだほうが、
未来は一安心できる可能性が高いということです。


話を戻しまして、著者マークワイヤーズ氏は
落ち込んだときは、人生に対して
こうあれと述べています。
その前に、どらもんの意見としましては、
落ち込んだ不運のときは、必ず原因があるということ
生きる姿勢をしっかり変える意識を持つ。
回りの状況に振り回されず、
自分だけは、常に一貫したまっすぐな姿勢を曲げず
逆に回りの状況に働きかけていくこと。
これこそが唯一の落ち込んだ不運に対して
最も有効打となる生き方になるでしょう。
話を戻しまして、著者マークワイヤーズ氏は

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/2505-35fef874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック