データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












書籍を読むことの重要性

今日は、書籍を読むことの重要性についてお話します。

まずあなたは、1ヶ月でどれだけの書籍を読んでいるだろうか?
人間の脳から説明すると、人間社会において
生きていくのに必要な脳の機能から着目しよう。

人間の脳とは、原始時代から進化の過程があり
現在の情報化社会へと、進化を遂げている。
情報化社会に至り、脳に送られてくる情報量といったら
ちゃんばらをやっている江戸時代とかの比ではない。
江戸時代に生まれたなら、士農工商という決められた職業で
毎日を過ごすことになるが
江戸時代の中でも情報社会だったのは
武士たちの社会になるだろう。
現在の情報社会のトップに立つ社会は
政治・マスメディア・新聞社という認識になるだろう。
情報社会のトップで働く人は、1日にたくさんの情報を行き交う仕事をするので
ストレスレベルも非常に高い仕事になるが、学生時代に
勉学を通して主に記憶力の面での頭脳を鍛えられてるので
こういう仕事をすることが可能であるという見解でいいだろうか。
記憶力とは、脳を簡単に捉えれば 海馬のネットワーク に他ならない。
海馬のネットワークが密になればなるほど
人間のストレス耐性も上がり、頭脳はよりたくさんの情報を扱うことができる。
徳川家康を例に見ても、彼らは情報収集のプロであったことは確かである。
戦国時代において、情報とは勝敗を決するほどの重要な項目であった。
争乱において、敵の兵力・場所などを正確に知ることは
決戦の場でアドバンテージを得ることに他ならないからだ。

徳川家康が上り詰めるまで、彼はどういう生い立ちで
ここまできたのかに密着したい。
家康の幼少時代は、
↑徳川の書籍を全部読むのに、かなり時間かかりました。
 まず自宅にある 家康を知るための伝記の本
 そして地域が運営している図書館。
 図書館の本、古い本が多くて萎えますが非常に静かな空間なので
 自宅以上の集中力で本を読むことができます。
 もっと新刊があると、読み応えがあるんですけど。
 1日10冊読んで月で300冊読めれば、自分でも驚くこと間違いなし。

まず伝記とは何かと聞かれて、あなたはすぐ説明できますか?

伝記とは↓続きから
伝記とはですね

西郷隆盛の肖像画について
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/745-00d898ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック