データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












血液型で人生変わる?!

~血液型で人生が変わる?!~  創刊号
                            
・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【目次】

・ご挨拶 
・B 型がみんなマイペース?そんなことはない!
・性格は違うが共通点はある
・相手と自分、考え方がわかる

1.ご挨拶

今回メールマガジンを発行することになりました長七郎と申します。

私は、母がA型 父がA型 で私はB型???なんで??
と最近今まで普通と思った事が、普通じゃない?と思っています。

でも今さら調べても、もういいっか・・今まで普通に生きてきたし・・
と思ってます。(調べろよ~~~)という声もありますが(笑)

そんな中で、血液型を調べて面白いことが、どんどん分かってきたので
みなさんに発信していきたいと思います!

そんなこんなで皆さんのお役に立てれば幸いです。

それでは創刊号に行きたいと思います。 



・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・
2.B型がマイペース?そんなことはない!

書店をのぞいてみると、実に様々な「血液型に関する本」が置かれています。
タイトルには、「性格」「相性」「占い」などの言葉が並び、
血液型ブームも 影響して手に取る人も多いですよね。

けれど、ふと、こんな風に思うことはありませんか?
「たった四タイプの血液型に、性格を当てはめることができるのだろうか?」

「そもそも、血液型と性格って、本当に関係があるのかしら?」

想像してみてください。A型が全員「凡帳面」で、B型がみんな「積極的」で、
0型は「大ざっば」、AB型の誰もが「二重人格」だとしたら。

そんなはずがない、と思いませんか?

あるいは、あなたの友人や家族のことを思い浮かべてください。
凡帳面なA型もいるでしょうが、
時間にルーズなA型もいれば、よく何かしら探しものをしている
A型もいるでしょう。

家族全員がA型の場合も、みんな同じ性格かといったらそんなこと
はありません。父は頑固だけれど母は優しい、
長男は神経質だけれど、次男はいい加減・・
といったように、むしろ個性の違いがはっきりと出てくるはずです。

また、「B型は自分勝手」と思われがちですが、気配りのできる人もいれば、気が
利かないタイプの人もいます。

こうして考えてみると、血液型で性格を判断するのは、
無理があるように思えませんか。

「でも、血液型で性格を分けるなんて所詮お遊びなんだから、当たる部分もあれば当
たらない部分もある。それでいいんじゃない?」

 おそらく多くの人が、こんな意見を持っていることでしょう。

一方で次のような意見も聞こえてきそうです。
「血液型で性格が決まるとは思っていないけれど、確かにすごく当たっている部分も
ある。だから、ついつい引き込まれてしまうのだ」と。




・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・
3.性格は違うが共通点はある!

「血液型」と「性格」の間には、本当に接点があるのでしょうか? 
あるとすれば、どう考えればしっくりとくる答えが得られるのでしょう?

確かに、血液型と性格の関係を感じさせる場面は、様々な形で見られます。
たとえば「日本人気質」といわれるものと、A型の「性格」の特徴といわれるもの
は、かなり共通した部分があります。

「几帳面」「真面目」「神経質」「情に厚い」。

一体何が血液型に作用しているのでしょうか。

「血液型と性格は必ずしも一致しない。けれど血液型が同じ場合、そこには何らかの
共通点がある」

そして、調べた結果、一つの結論を導き出すことができました。

その結論とは、血液型によって異なるのは、「性格」ではなく、「思考パターン」だ
ということ。

もちろん、いきなり「思考パターン」といっても、ピンとこないでしょう。
そこで、ちょっと思い出してみてください。

あなたがモノを考えるとき、ある一定の「傾向」のようなものはありませんか?

たとえば、誰かと話をしていると、ついつい相手の考えに引きずられて、自分の考
えが揺らいでしまう。
文章を書いていると、なかなか結論にたどり着けず、だらだらと説明が長くなって
しまう


思考にも人それぞれパターンがあります。
ジグザグだったり、ぐるぐるまわったり、カギ形だったり。
決してみんながみんな、ストレートなモノの考え方をしているわけではありません。

このようなモノの考え方の傾向は、本人の意思で決まるものではなく、無意識のう
ちに決定されます。脳の活発に働いている部分が人それぞれ違うからです。
この「モノの考え方の傾向」こそが、「思考パターン」なのです。

さらに、このような「思考パターン」と、血液型が結びついていると考えれば
いろいろな辻棲が合います。

A型の人に頼みごとを五つしてみましょう。

おそらくほとんどの人が、頼まれた順番に取りかかろうとすることでしょう。
そして、時間はかかるものの、頼まれたことを何とかこなそうと一生懸命になるはずです。

これは性格というよりも、時間の流れに沿ってモノを考えるA型独特の 
「思考パターン」が大きく作用している証拠です。

能力の差や、得意な分野は人それぞれでも、取り組み方にA型のスタイルが現れるのです。
それに比べると、B型はもっとも環境の影響を受けにくい 「思考パターン」を持っています。
人や出来事に左右されることが少なく、
自分の考えを頑なに持ち続ける傾向があるのです。


・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・:*:・
4.相手と自分考え方がわかる!?

血液型の思考パターンで考えると、相手を理解しやすくなります。
AB型は二重人格と よく言われてますが、A型とB型の気質を併せ持ってる
と考えれば、付き合いやすくなります。

次回は血液型で、どうやって付き合えば人間関係うまくいくかを
それぞれにわたり、紹介していきます!お楽しみに!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/771-693a5248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック