データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












3月27日 競艇日記

 





頭の柔軟性を鍛える習慣の重要性
答えがない問題に挑戦することが、柔軟性を鍛える上で
必要な習慣であります。
ただ覚えたことを そのままアウトプットするのでは
あまりにも1日の中で見ると、芸のない習慣です。
なので常に工夫できることはないかを考えることは
自分のアウトプットできる素材を 
より多く柔軟に変えていく力を育てることだと思います。
解答が全くない問題に対して、どれだけ
自分自身が考え深く関わっていけるかが
自分の限界と対峙する上で重要な作業です。
自分の頭の中で考えたことは、必ずどこかで記憶され
少しずつ蓄積されていきます。この蓄積量が
一定以上に積もると、徐々に自分の中でも
自分にも、こういう力があるんだとか、より一層自分への理解が深まり、
今後似たようなパターンの問題に遭遇したとき
前回では苦労した問題も、徐々に難易度が落ちてきたなと感じるはずです。
こういう風に感じるのは、自分の中で力が高まったおかげで
自分の力と問題に対する難易度意識は、相対的であります。
逆に問題が難しく感じるようになれば、
自分の力が衰えたということが言えるでしょう。
似たようなパターンの問題に、定期的に遭遇させるトリガーを
自分の中で用意することが、自分の力を確認する上で重要なことです。
このトリガーを用意できるかどうかも自分自身なので努力が必要になります。
特に過去に失敗した問題・苦労した問題は、
トリガーに優先的に組み込むことは、
自分自身の弱点を克服する上で最も重要です。
脳は使わないものを優先して忘れていくという性質があるので
脳に残しておきたい項目もトリガーしてみましょう。












コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/797-322fcb5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック