データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












11月29日 どらもんの生まれた街

どらもんが生まれた街は、海 から 近いところ。

生きてるうちに 絶対1度は 見ていきたい町。
そこに 僕の 原点 がある。
懐かしい記憶が そこへ行けば 蘇るかもしれないからだ。

僕が生まれた街は 神奈川県茅ヶ崎市赤松町。
 
ここに住んでる理由は、父の勤め先があるところ。
父と母の出会いは、勤務している会社が同じだったからである。
当時は、社内結婚が当たり前な時代で
女性も結婚するのが目的で、正社員になるのがほとんどだった。
それぐらい 雇用があふれていて
母方の3人姉妹とも、社内結婚である。
ここの近くには、母の姉が住んでいる街がある。
1回だけ母の姉の家に遊びにいったことがあり、そこの従姉妹2人と
遊んだ子供の記憶がある。
そこの従妹さんが、凄く美人だったという余計なことも覚えてます。
その従妹さんとだけ、僕は子供の頃、2人で公園で遊んでいました。
なぜか従妹さんからは、凄く良い匂いがすることも覚えてます。
子供の時は、衝動が抑えられなくて、従妹さんに抱きついてしまいました。
 (たぶん本能的な遺伝子の仕業?本能的な嗅覚です・・)
僕と従妹 以外の従兄弟達4人と 母の姉2人が変な顔で笑っていました。
その従姉妹2人とも、今は結婚してます。

僕は小さい時から、女の子とばっか仲良くなっていたので
僕の初恋は、幼稚園の5歳。そして従妹と遊んだときが7歳で
ここでもう2番目の恋をしてしまった。
小学校では、2人の女の子。中学校では1人の女の子にだけ恋をした。
幼稚園の時は、あまり男友達と遊んだ記憶がなく
ずーと女の子と遊んでいたという記憶しかない。
 
小学生だったか中学生だったか、
実の妹に告白されるという
変な記憶もありますが、これは今回は封印しておきます。

ここからは母方の祖母の登場。
僕の子供時代に中心的な記憶人物。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/872-f3761f26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック