データ予想による競艇投資ロジックを公開 的中率重視の競艇予想












12月19日 戦いの時はきた

グッドモーニングでやんす。si-a1.gif
今日は12月19日
有料競艇予想配信開始まで 354日 となったでやんす!

未来とは、一見 不確定要素や未知の世界だと思われるが
過去の統計 や 予測するための材料を揃えれば
かなりの精度で、未来の予測が見えてくるものだ。
未来の予測を知るには、たくさんの過去を知る必要がある。

人間という存在は、過去の統計から
現在という世界で 表現されている存在である。
その人間が今そこにあるのは
過去の様々な蓄積があるからであり
その過去を解析すれば、その人間の未来も予測できるだろう。

例えば 若くして 20代30代で ガンという病気になる人には
何らかの性格的な部分や遺伝子や環境的な部分や生活習慣など
どこかに共通する要素がある可能性があると予想できる。
その要因が分かれば、ガンという病気の実態が少しだけわかるかもしれない。
 
何らかの結果には、何らかの共通する要素があるはずで
その要素を発見できれば
限りなく未来つまり結果を予測できる。
 
現実世界は、思っている以上に 毒に満ちている世界である。
その毒があまりにも強いと
人間は、その毒を中和することができず死んでしまうだろう。 
例えば 新種のウイルスは
人間の想像をはるかに超える 毒をもった現実を持っている。
その毒を 人間が取り込めば その強烈な毒の現実にぶつかり
生死の戦いになるであろう。 
そのウイルスをやっつけるための 抗生剤 を開発しても
ウイルスは また新しい免疫をつけて
より強いウイルスに変貌する可能性を持っている。 
このことからも、劣性遺伝子をもった生物でも
何らかのストレスを与えられると
より強い 優勢遺伝子に変貌するチャンスがある。
ということは、人間でも 劣性から優勢に切り替わったとき
より強い人間に変貌する可能性を示唆している。 
現在進行形で、地球の温暖化が進んでいると聞く。
このまま温暖化が進むと2030年には
北極グマが絶滅するだろうと言われている。
 
どらもん が考える 老化のメカニズムとは
この毒の蓄積だと考えている。
毒の蓄積といっても、小さい毒の蓄積である。
この小さい心の毒の蓄積がどのように起きて
人間を老化へと導いているかを考えれば
老化を限りなく遅らせることができるだろう。

例えば、放射能 や ハブの猛毒
しかし その毒をもった 放射能 や ハブ や まむし が薬に
なってしまうのはなぜだろうか?
ガンを治療するとき 放射能治療が行われる。

ワライタケという毒キノコをご存知だろうか?
この有毒キノコを食べると人間は興奮状態になり
笑い踊るという症状があらわれる。

あらゆる食べ物には、微量だが毒があると考える。
栄養があるといっても 食べ過ぎると毒になることから
やはり、あらゆる食べ物には微量の毒があると考えて良いだろう。
人間はこの微量の毒を摂取して
中和する力を身に付けていくことで
生命力をつけているのではないかと
どらもん は推測している。
中和する力を超えている食べ物 つまり 生カキ 毒キノコ 麻薬 などが
毒になるのだろうと考えている。


フィールドをトリプルアクセルして
着地をした先は
少しだけ成長した自分との出会い

フィギュアスケート選手のように
1つのステージを上手に完成させ
ゴール地点まで達成した時 本当の笑顔の自分が待っている。

ステージの外からは、観客からの拍手。

観客と選手が一体になって、そのステージに感動したとき
観客はスタンディングオべーションになるのだと思う。

今日は 夏の甲子園 仙台育英 と 開星 の試合は
ここ一番に面白い試合であった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoteidojo.blog58.fc2.com/tb.php/915-74d3121e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック